スランプ(英語表記)slump

翻訳|slump

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

不調。心理的,身体的または情緒的に複合した形で原因のつかみにくい一種の混乱状態。このため,たとえばスポーツ選手などが一時的に調子落ち,本来自分がもっている実力を発揮できないことがある。スランプを克服するためには,いったんその練習 (学習) から離れて,一定時間をおくのがよいとされている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

心身の調子が一時的に不振になっている状態。また、実力が発揮できず、成績などが一時的に落ち込んでいる状態。「スランプに陥る」「スランプを脱する」
相場の急落。不景気。
生コンクリートの軟度を測る尺度円錐台形の型にコンクリートを詰め、型を外したときの上の崩れる度合いをセンチで表したもの。スランプコーン。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

気力や体調が一時的に衰え気味で、仕事の能率や成績が落ちる状態。 -に陥る
不景気。不況。
生コンクリートの軟度を表す数値。円錐台形の枠に詰めたコンクリートの頂部が、枠を取り去ったとき何センチメートル低くなるかで表す。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (slump)
① スポーツ、仕事などで、実力が十分出せず、技量や技術がふるわなかったり進展しなかったりして、不調が比較的長く続く状態。不振。〔モダン用語辞典(1930)〕
※若い人(1933‐37)〈石坂洋次郎〉上「忌々しいスランプだ」
② 経済流通、景気が沈滞すること。
③ 生コンクリートの軟度を計る尺度。高さ三〇センチメートル、下底直径二〇センチメートル、上底直径一〇センチメートルの円錐台の型にコンクリートをつめて型をはずした時、コンクリートがくずれる度合をセンチメートルで計って表わす。スランプ一は高さが一センチメートル低くなる程度の軟らかさ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出勤再開うつ

在宅勤務から出勤再開に伴う不安やストレスによって生じる心身の不調を指す俗称。2020年に新型コロナウイルスの感染拡大防止策として普及した、テレワークなどによる在宅での新しい働き方に慣れてきた頃に、緊急...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スランプの関連情報