コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チベット(自治区) ちべっと

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チベット(自治区)
ちべっと / 西蔵自治区

中国南西部、西南地区西部にある自治区。略称は蔵。自治区人民政府所在地は中南部のラサ。1地区級市(ラサ)、6地区(ナクチュ〈ナッチュ〉、チャムド、ロカ、シガツェ、ガリ〈アリ〉、ニンティ〈ニンチ〉)からなり、さらにこれらが73県級行政地域など(1市轄区、1市、71県)に区分されている。面積122万8400平方キロメートル、人口251万2341(2000)。人口密度は1平方キロメートル当り2.08人で、中国でもっとも人口の希薄な地域である。[駒井正一]

自然

東西に長い形で、高い高原と山脈からなる。北側西半分は崑崙(こんろん/クンルン)山脈、東半分はタングラ山脈、西はカラコルム山脈の支脈とヒマラヤ山脈、南はヒマラヤ山脈、東は横断(おうだん/ホントワン)山脈に囲まれる。また、南西部から北東部にかけてS字形にガンディセ、ニェンチェンタンラの両山脈が横切る。これらの山脈にはヒマラヤ山脈のチョモ・ランマ(エベレスト)山(8848メートル)、シシャ・パンマ(ゴサインタン)山(8012メートル)など高峰が多く、氷河も発達している。自治区のほぼ全域にわたって広がる広大な高原は、青蔵(せいぞう)高原の一部をなし、一般にチベット高原とよばれる。地質的には新しい高原で、第三紀鮮新世の約400万~300万年前に標高1000メートルほどの高原の土台ができ、鮮新世末(170万年前)からはネオ・テクトニック運動(第三紀以後の地殻運動)によって第四紀更新世(170万~1万年前)の各期ごとに約1000メートルずつ隆起し、その後急上昇して標高平均4000~4700メートルの高原が形成された。
 自治区北西部は蔵北高原で、北は崑崙、南はガンディセ、南東はニェンチェンタンラ、北東はタングラの各山脈に囲まれる。チベット族はチャンタン高原とよぶ。標高4600~4800メートル、緩やかな丘陵状の高原が広がり、沼沢や大小の塩水湖が発達する。なかでもナムツォ(ナム湖)は1940平方キロメートルの塩水湖で、自治区最大でかつ海抜高度のもっとも高い湖である。最暖月の平均気温は6~10℃、年降水量は100~300ミリメートルで、寒冷・乾燥の気候を示す。高山寒冷地砂漠が多く、とくに、北部の崑崙山麓(さんろく)では「白漠」とよばれる植生のない不毛の地域が現れる。また、上空の西風の影響を受け、全体に風速が強く、風砂を伴うことが多い。さらに、永久凍土層も広がり、厚さは平均40~80メートルにも達し、100メートルを超える地域も少なくない。蔵北高原の西部では雨量が少なく、東部では多くなり、それぞれガリ(アリ)高原、ナクチュ(ナッチュ)高原として区別されることもある。ガリ高原はバンゴンツォ(バンゴン湖)周辺およびインダス川上流のセンゲツァンポ(森格蔵市、獅泉河(しせんが/シーチュワンホー))やサトレジ川上流のランチェンツァンポ(ランチェンカバブ、朗欽蔵市、象泉河)の流域である。年降水量は50~100ミリメートルで少ないが、河谷盆地部は標高3800メートルに下降するため、最暖月の平均気温は10~14℃に上る。東部のナクチュ高原は北東の青海(せいかい/チンハイ)省玉樹(ぎょくじゅ/ユイシュー)地域まで延び、年降水量は300~700ミリメートルに達する。
 自治区南部、蔵北高原の南、ヤルツァンポ江(ヤルンズアンボ江)の広い河谷地域が蔵南谷地(やち)で、ガンディセ山脈東部およびニェンチェンタンラ山脈とヒマラヤ山脈との間、標高3500~4500メートルの東西に長い地域である。最暖月の平均気温は10~16℃、年降水量は200~400ミリメートルとなる。とくにヤルツァンポ江南岸は、ヒマラヤ山脈によって南の湿潤な気流が遮られ「雨の影」区となり、一般に雨は少ない。ヤルツァンポ江はブラマプトラ川の上流にあたり、水量が豊富で、なかでもラツェからメンリンまでの中流部はニャンチュ(河)やラサ河などの支流が多く、また、肥沃(ひよく)な河谷の平地が広がるため、ラサやシガツェなどチベットのおもな都市や集落はこの地域に集中する。チベット高原の南部は地殻運動が活発な地域で多数の地熱地域があり、とりわけヤルツァンポ江河谷は地熱エネルギーが豊富である。ヤンパチェン(ヤンバジェン)などでは熱水湖や間欠泉が集中している。自治区東部は蔵東高原で、横断山脈の北部地域である。ヤルツァンポ江の谷地ではギャツァ以東がこの地域に属する。標高2500~4000メートル、最暖月の平均気温は12~18℃、年降水量は500~1000ミリメートルに達する。また、他念他翁(たねんたおう)山脈(怒山(どさん/ヌーシャン)の北部分)やマルカム(旧称寧静(ねいせい))山脈などと怒江(どこう/ヌーチヤン)、瀾滄江(らんそうこう/ランツァンチヤン)などが交互に並び深い峡谷をつくっており、東は四川(しせん/スーチョワン)省西部地域に移行する。自治区南東部とツォモなどの地域はヒマラヤ山脈南麓地域で、青蔵高原の南斜面でもある。標高2500メートル以下で100メートル余りの所もある。ガンジス川の支流やヤルツァンポ江などの河川も急流となって南下する。最暖月の平均気温は18~25℃、年降水量1000~4000ミリメートルに達し、自治区では独特の亜熱帯、熱帯気候を示す。[駒井正一]

産業

チベットでは改革開放体制のなかで、リンブン開放用水路などの水利建設や農地改良を進めてきた結果、1997年に耕地面積は22万ヘクタールを超え、牧草育成地の面積も4万ヘクタールに及んでいる。また、品種改良を経て40近くの作物が栽培されている。ただ、栽培の種類はかたより、なお、青(チンコー)が主で、播種(はしゅ)面積は全耕地の50%を超える。青は大麦の変種で、チベット族の主食ツァンパの原料となる。ツァンパは、青やエンドウなどの豆を煎(い)って粉にし、酥油(スーユー)茶(バター茶。ヤクやヒツジの乳からつくった油と茶を特製の長い筒状の桶(おけ)で混ぜたもの)でこねて食べるものである。青の栽培は最暖月の平均気温が10℃以上あれば可能で、低温に強く、また栽培地高度の上限が高く4750メートルにも達し、4900メートルの記録もあるため、蔵北高原のように自然的条件の悪い地域でも、春まきにより栽培されている。現在、標高4300メートル以上の耕地では80%以上が青栽培、標高4500メートル以上では青しか栽培されていない。蔵南谷地ではナタネやエンドウをはじめ、小麦の栽培も行われている。また最近は、ラサやシガツェなどの都市やその近郊では、小麦粉を使用した麺(めん)などの粉食(米飯も多い)に移行しており、小麦の需要が多い。さらに、春小麦より冬小麦の栽培の割合が高くなってきている。日照時間が長く、総輻射(ふくしゃ)量も多いので、農作物の成長期が長期に保障される。また、蔵南谷地はおおむね夜に雨が多く、日較差が大きいため、結粒も大きく比較的品質の高いものができる。蔵東高原もまたチベットでは重要な農業区である。ボウォやチャムドなどでは、青を主体に小麦やソバを栽培している。ヒマラヤ南麓(なんろく)地域のヤルツァンポ江やブラマプトラ川の支流沿岸のメト(メドッ)やザユル(ザユィ)などでは、河岸段丘や平地を利用して小麦のほかイネやトウモロコシも栽培している。また、低地では茶やサトウキビ、バナナなども栽培しており、1000メートル以下では一年三作が可能である。
 牧畜は蔵北高原を中心に広く行われている。チベットでの家畜飼育総数は約2380万頭(1996)で、高山寒冷地域の牧畜三大種といわれるように、ヒツジ(家畜総数の約75%)、ヤギ、ヤクがもっとも多い。蔵北高原の中央部はヒツジが主であるが、風が強く、牧草の種類も単純で、冬の牧草の確保が課題となっている。西部のガリ高原ではヒツジのほか、ヤギの割合が増える。中央部より乾燥し、条件は悪いが、バンゴンツォ周辺には天然の牧場が発達している所もある。湖の東部は淡水のため、家畜の飲料水にも利用されている。東部のナクチュ高原は比較的湿潤なため、ヤクの飼育が盛んである。なお、チベットの農牧業を発展させるために農業や牧畜業の研究・指導機関を積極的に設立してきた。ラサやシガツェにはチベット農業科学研究所や農業試験場があり、農村に科学実験ステーションを設けるなどしてチベット独特の条件を分析し、対応している。
 チベットの国内総生産(GDP)は56億元(1995)であり、中国全国90省級地域では最低で、29位の青海省の34%にあたり、国内最高の広東(カントン)省のわずか1%にすぎない。チベットの非農業人口のうち、工業企業や機関に従事する労働者および職員は、16万7000人(1996)を数える。このうち、国有企業・教育機関に従事する人は、ほかの省、自治区にくらべて著しく高く、92.8%に上る。しかし、企業の規模はおおむね小さく、工業生産では、クロム、リチウムや工業用水晶など特産の鉱工業部門や食料加工などの工業のほかには、チベット族による民族手工業の占める割合が高い。各地に工業の基礎はあるが、おおむねラサ、シガツェなど蔵南谷地の都市に集中している。ラサではプル(羊毛やヤクの毛で織った織物)、ラシャ、衣服の民族的特色をもつ部門のほか、せっけん、農具など農業や日常生活向けのいくつかの部門で郷鎮企業(1980年代以後、農村部に成立した町村個人営の農村企業)や個人の多角経営による形式で行う生産も多い。近代的工業は、1951年に解放された時点ではラサ近郊の水力発電所、製紙工場、造幣所のみであったが、その後シガツェ、ニンティなどにも建設されている。ラサはその中心である。53年建設のラサ・カーペット工場は、当初ポタラ宮やチョカン(大昭寺)などの寺院のカーペットづくりが目的であったが、59年の民主改革後はチベット族の日常生活用や、チベット伝統工芸品として輸出用に向けられている。そのほか、1990年代に入り、10億元を超える資金を投下し、ラサ近郊のチベット中心地域「一江両河」すなわち、ヤルツァンポ江、ラサ河、ニャンチュ(河)流域の総合開発整備を進めてきた。ラサ河にはガチェン水力発電所があり、その電力を利用する農機具、搾油、製粉などの工場も設けられている。ニンティは1970年代に解放軍の援助も受け建設されたチベットの比較的新しい工業基地で、水力発電所、毛織物、木材加工などの工場がある。シガツェでは衣服、カーペットなどを生産する手工業のほか、農具製造工場などがある。ナクチュでは小型タービン、センゲツァンポでは農具修理、皮革などの工場、ヤンパチェンの地熱エネルギーを利用した発電所では中国最大の施設が建設され、発展している。[駒井正一]

住民

住民は約95%がチベット族で、チベット各地に居住している。ロッパ族は2322人(1990年第四次全国人口調査による)で、自治区の南東部、メンリンやメト、ザユル県などに居住する。自治区南部にはメンパ族が7421人(同調査)おり、ロッパ族とほぼ同様、ツォナ、ニンティ、メトなどヒマラヤ南麓、ヤルツァンポ江下流部に集中している。そのほか、漢族や回(かい/フイ)族などが比較的大きな都市に居住する。[駒井正一]

交通

チベットには長い間鉄道はなかったが、西寧(せいねい/シーニン)からの青蔵鉄道の建設が進められ、1998年には、青海省チャイダム盆地のゴルムドの南、南山口まで敷設され、2005年には西寧―ラサ間(1956キロメートル)全線が完成、06年から旅客営業運転を開始した。自動車道は、すでに、ラサからナクチュ、タングラ峠、長江(ちょうこう/チャンチヤン)(揚子江(ようすこう/ヤンツーチヤン))源流部を経てゴルムド、西寧まで青蔵自動車道が通っており、ゴルムドからは青蔵鉄道を経て蘭州(らんしゅう/ランチョウ)、西安(せいあん/シーアン)、上海(シャンハイ)などに通じる蘭青(らんせい)・隴海(ろうかい)両鉄道へ連絡している。ルトゥ、シガツェなどから新疆(しんきょう/シンチヤン)ウイグル自治区のウルムチ、アクス、ヤルカンドなどに通じる新蔵自動車道や、ラサからチャムドを経て四川省の成都(せいと/チョントゥー)に通じる川蔵自動車道のほか、雲南(うんなん/ユンナン)と結ぶ(てんぞう)自動車道、さらにネパールに通じる中尼自動車道も通っている。1990年代なかばには、プランなど一部の国境の町を開放し、1960年代に中断していたインドとの交易・往来を再開している。また、ラサを起点に成都などへの空路があり、いずれも北京(ペキン)、上海などの主要都市に通じている。[駒井正一]

文化

ラサにはポタラ宮、かつては僧侶1万人を超していたといわれるデプン寺やチベット大学、シガツェにはタシルンポ寺、ギャンツェ(ギャンズェ)にはパンコル・チューデ寺や、寺内のチベット一高い30余メートルの万仏塔などがあり、古い集落には名勝・旧跡や文化機能をもつものが多い。また、中医(漢方)とインドの一部の医学知識を基礎にした独特のチベット医学も発達している。チベット医学院やチベット医学専門病院もあり、住民の支持も厚い。チベット医学の古典籍の整理、研究も急速に進んでいる。また、北京の中国チベット(蔵)学研究センターと協力して、チベット族の研究者や僧侶がチベット仏教の聖典『大蔵経』のコンピュータ編集による出版化を行うなど、経典の公開が可能となってきた。ナクチュには大規模な定期市があり、四川からの物資とラサからの牧畜用具が取引されてきた。また、1990年代なかばから、農業やエネルギーの開発のほか、都市部の基礎的インフラ充実のためのプロジェクト開発が進み、シガツェの上下水道の敷設をはじめとして、遅れていた都市部にも、それぞれ重要な機能が備わってきている。[駒井正一]

歴史


(とばん)王国">吐蕃(とばん)王国
漢文史料に、「(てい)」とか「羌(きょう)」とよばれる民族が今日のチベット高原にいたとされるが、チベット系民族であったかどうかは確かでない。隋(ずい)の時代にその存在が知られ、唐代に「吐蕃」とよばれたのが、チベット人の建てた最初の王国であった。吐蕃は王国の体制を7世紀初めに整え、吐谷渾(とよくこん)が隋・唐2代の攻撃によって滅亡に瀕(ひん)していたのにかわり、7世紀なかばころから東西交通路の東口支配を目ざして唐と戦い始めた。安禄山(あんろくざん)の乱以後は唐に対して優位にたって、現在の甘粛(かんしゅく/カンスー)省東部を除いたほぼ全域と新疆(しんきょう/シンチヤン)ウイグル自治区南縁を支配下に入れた。そのころから仏教を国教として取り入れ、9世紀初めころになると、教団の指導者が国政の頂点にたち、仏教国家の理想を追い、8世紀ごろから定着した外戚支配機構の欠陥と相まって、843年に政権が南北王朝に分裂して王国は崩壊した。[山口瑞鳳]
青唐王国
南朝は、祖先の拠(よ)ったヤルルン渓谷に移ったが、さらに零落して、遠祖由来の地であるラトゥやガリに逃れ、それらの地で勢力の回復を待った。11世紀に入ると、西夏(せいか)の西遷によって河西(かせい)回廊地帯が押さえられ、青海南岸から西域(せいいき)南道に出る通商路が開け、その基地として西寧(せいねい/シーニン)(ツォンカ)周辺が繁栄した。この地域に西夏に対抗する軍事力を組織するため、ラトゥに脱出していた吐蕃王家の末裔(まつえい)が首長として招かれ、ゲーセー(、菩薩(ぼさつ)の意味)とよばれていたが、やがてこの地に青唐王国を建てた。国中に仏寺を建てて、往年の吐蕃王国を小型に再現したかのようにみえた。[山口瑞鳳]
仏教教団の繁栄
同じころ、ガリに拠った他の末裔も、勢力を回復すると、インドから学僧を招き、若者をインドに留学させて仏教を再興した。中央チベットでは、国家的保護と同時にその規制も失った仏教が民間に広まり、ボン教や、シバ教系のタントラ仏教、中国の禅宗などと混交した。諸氏族の勢力が均衡して安定してくるとともに、仏教の混乱に対する反省が生まれ、サムイェー(サムエ)に拠った北朝系の末裔が後援して、青唐方面から戒律の伝統を受け継がせ、教団再建を促進した。教団は僧と信者を集めると、通商の拠点になった。才能のある僧はインドに留学し、インドからは僧アティーシャ(982―1054)が招かれ、仏教が復活した。有力な氏族は、教団にまつわる権益に注目して、その身内を教団の中枢に入れ、しだいに教団を氏族単位で支配し、系列化していった。これらとは別に、15世紀ごろから迷信を利用して選ばれた転生活仏を法主とする教団が発生した。教団の支持者として望ましい氏族の間に幼児を求めてそれに指定し、教団の長として徹底した教育を施した。そのような教団は氏族の私有から解放され、宗派的結束を倍加させた。もちろん、一般的な師資相承による教団もあれば、親子相伝した教団もあった。[山口瑞鳳]
モンゴルの侵入
13世紀なかばころモンゴル軍がチベットに侵入した。チベットに統一権力はなかったが、諸氏族が会談して最大の氏族教団であったサキャ派の長老を彼らの代表としてクデン王のもとに送り、貢納を約束した。元(げん)朝がチベットを支配することになると、サキャ派のパクパ(パスパ)がフビライ・ハンの信任を得て統治を代行し、1270年には帝師となり、教団のために多くの特権を設けたので、教団を中核とする特異な社会形態が定着した。その間に元の宮廷は、彼らの説くタントラ仏教に惑溺(わくでき)し、征服者から施主にと変わっていった。[山口瑞鳳]
パクモドゥ派の政権
元朝の衰退と並行してチベット国内でも東部のパクモドゥ派が西部のサキャ派を軍事的に押さえて君臨した。元にかわった明(みん)朝は15世紀に入ると、チベット国内の勢力均衡を追認する形で積極的な懐柔政策をとり始めた。これに便乗して、チベットの氏族教団が経済的な利益を求めて競って朝貢した。なかにはタントラ仏教の官能的な側面を強調して宮廷に迎合したものもあって、チベット仏教に消えぬ汚名を残した。[山口瑞鳳]
ゲル派(ゲルク派)とカルマ派
16世紀に入ると、パクモドゥ派の家臣で西部に拠ったリンプン氏一族が実権を掌握し、17世紀にはその家臣シンシャク氏に権力が移った。その間、15世紀初めに青海の僧ツォンカパ(1357―1419)によって中央チベットにゲル派(ゲルク派、黄帽派、徳行派とも)が開かれ、改革的気風が確立されると、既成宗派の権威が薄れ、宗派的権益が脅かされたため、転生活仏の法主制度によって宗派的結束の堅かったカルマ派の2派(紅帽派、黒帽派)が中心となって抵抗した。ゲル派のうちでも対抗する政治的勢力が生まれ、それぞれ西部、東部の諸氏族と結んでしばしば軍を動かして争った。後年ダライ・ラマ2世に数えられる古派系の自称活仏ゲンドゥンギャツォ(1475―1542)がデプン僧院の長となり、ゲル派を指導して1518年に自派の権益を回復したが、争いの終わらないうちに没したので、この派でも宗派的結束のためにその後継者を転生活仏によって補った。新しい活仏ソナムギャツォは周囲の期待に反して新旧2派の融和を図った。1578年、彼は青海に赴いてモンゴルのアルタン・ハンを教化し、ダライ・ラマの称号を受けた。さらに、モンゴリアに入って教化を進め、かの地に没した。ゲル派の政治的勢力は、アルタン・ハン一族の軍事力を期待して、その甥(おい)の子を新しい転生者に指名した。そのためカルマ派との対立が再燃し、後者はシンシャク一族と結び、さらに、モンゴルのチャハルやハルハ(カルカ)の一部と連携した。17世紀に入り、このダライ・ラマが没し、その一族がチャハルに滅ぼされたので、ゲル派は、危機を乗り越えるために漠北オイラートのグシ・ハンと盟約して、その軍を招き、カルマ派支持の青海のモンゴル人とカムのチベット人勢力、さらに中央チベット西部に拠ったシンシャク政権を壊滅させ、その支持によって1642年ダライ・ラマ5世を教主とする政権が樹立された。5世は1645年からポタラ宮の造営を始め、モンゴル人に対するダライ・ラマの権威を高め、チベット王であったグシ・ハンの子孫に対しても60年ごろから優位にたち、実権確立に成功した。しかしその没後の摂政(せっしょう)支配が破綻(はたん)し、18世紀初めにグシ・ハンの曽孫(そうそん)、ラサン・ハンが復権を目ざし、ダライ・ラマ政権に不信の念を募らせていた清(しん)朝と結んで政権を挫折(ざせつ)させ、自ら王となった。これに反発した漠北のジュンガル軍がラサに侵入してラサン・ハンを滅ぼしたが、清軍がダライ・ラマ7世を擁してラサに入り、彼らを追い払ってチベットの貴族と軍人による連合政権をたてた。この政権の分裂に際してふたたび清軍が至り、ダライ・ラマに動乱の責任をとらせ、パンチェン・ラマの俗権を強化して、1728年ポラネー政権を出発させた。ポラネー(1689―1747)が没し、その子が権力を手にすると、清の権威を否定したので駐蔵大臣に謀殺され、後者も報復殺害されたが、ダライ・ラマ7世(1708―57)が混乱を処理して清朝関係者を保護したので、清朝はダライ・ラマ政権を18世紀後半から再出発させた。しかし、次のダライ・ラマ8世(1758―1804)が政治を実力者の摂政に任せたため、権力をめぐる争いが続き、9世から12世までのダライ・ラマが不自然に夭折(ようせつ)した。その間にチベットはグルカ戦争3回とドクラ戦争とを経験して、強力に援助できなかった清朝の権威をしだいに軽んじ、ダライ・ラマ13世(1876―1933)が即位すると、ロシア、イギリスと接近したため、清末には宗主権の回復工作が画策され、ダライ・ラマはインドに亡命した。
ダライ・ラマの支配
清朝崩壊後、亡命生活からラサに帰ったダライ・ラマ13世は「五か条宣言」によって独立を表明したが、中国側は認めず、まもなくパンチェン・ラマ9世(歴史的には6世、1883―1937)との不和を募らせたので、1925年後者が中国に亡命した。ダライ・ラマ13世の晩年、中国側と結んだパンチェン・ラマが帰国を申し出たが、実現しないうちにダライ・ラマ13世が没し、パンチェン・ラマも帰国を許されないまま4年後に没し、争いは二大ラマの転生者に受け継がれた。中国では1949年共産党がチベットの領有を宣言し、翌年チベットに軍を進めた。このとき、先に国民党に選ばれていたパンチェン・ラマ10世がまずその支配下に入った。51年ダライ・ラマ14世もその支配を受け入れたが、59年多くのチベット人とともにインドに逃れ、やがてダラムサラにいわゆる亡命政権を構えた。[山口瑞鳳]
ダライ・ラマ政権の崩壊と新中国による統治のはじまり
このラサ事件とダライ・ラマのインド亡命を契機として、新中国はそれまで少数民族の特殊地帯ということで社会主義改革を見送ってきたチベットにおいても強引な改革を行うようになった。1951年の十七か条協約締結以来、新中国の主権下にありつつもかろうじてその伝統政府を維持してきたダライ・ラマ政権はここに解体され、チベットの全域が中国共産党の直接行政下に入ることになった。この1950年代における共産党とダライ・ラマ政権の共存状態は、異なる政治体制の並存という点で後に香港で実行される「一国家二制度」を思いおこさせるものではあったが、結果としては10年ともたずにダライ・ラマ政権の崩壊と改革の強行という結末に終わった。
 政府が解体された中央チベットにおいては1956年にすでに成立していたチベット自治区準備委員会によってその職権が代行された。自治区準備委員会の名目上のトップである主任委員をつとめていたダライ・ラマの不在という事態において、このシンボル的な役職を代行したのは同委員会の副主任であったパンチェン・ラマである。とはいえそのパンチェン・ラマもすぐに四川、青海、雲南、甘粛といった周辺チベット地域での強硬な改革や過酷な反乱鎮圧の実態などを中央に訴えて共産党のチベット政策を批判する『七万言書』を提出し、これがもとになって批判を受けて失脚、64年末からは北京に軟禁され、さらに後の文化大革命の時代には9年8か月にわたって投獄されることになる。[大川謙作]
チベットにおける文化大革命
パンチェン・ラマの失脚からまもなく、1965年9月にはチベット自治区の成立が正式に宣布されることになった。ついで翌66年から文化大革命が始まり、チベットにもその影響が及んだ。66年5月に毛沢東(もうたくとう/マオツォートン)が文化大革命の呼びかけをおこない、文化大革命小組が北京で成立すると、早くも5月末にはラサでチベット自治区党委員会文化大革命領導小組が成立した。また6月初めに北京大学の教員と学生がいわゆる「大字報」を貼り出し始めるとラサもこれにならい、6月6日には自治区でも大量の大字報が貼り出されることとなった。このようにチベットの文化大革命は北京の動向を迅速に後追いするものであった。8月にはラサで文化大革命祝賀会が開催され、ラサ中学とチベット師範学校の教員と生徒たちを中心とするチベット初の紅衛兵が組織された。以後、ラサ中学の紅衛兵が中心となってチベット仏教の中心地であるチョカン寺を破壊した8月25日の事件を皮切りにチベット各地で文化大革命の嵐が吹き荒れた。
 古い伝統を破壊するという建前をもつ文化大革命において、こうした被害は中国全土でみられたが、とくにチベットでは寺院や経典などが古い伝統の象徴とされて破壊の対象となり、貴重な文化遺産の多くが失われた。また僧侶、旧貴族階層といったものがその批判の対象とされ、大きな被害をこうむった。北京などから大量の漢族紅衛兵がチベットにやってきてこうした行為を扇動していたとはいえ、実際にこうした文化破壊を行った実行者の多数はやはりチベット人自身であり、そのことがチベット人たちに文化大革命について語ることをためらわせ、今日もなお深い傷を彼らの中に残している。70年代後半にいたって、毛沢東の死と四人組の追放によって文化大革命は終焉(しゅうえん)に向かい、中国は開放政策を標榜するようになる。その過程でかつて誣告(ぶこく)によって批判され告発されたものたちの多くが名誉回復を果たしていったのはその他の中国全土と同じである。このときに投獄されていたパンチェン・ラマらも名誉回復を果たし、また1959年のラサ事件以降に拘束され、文革期間を通じて投獄されていた大量のチベット人たちが釈放されていった。[大川謙作]
改革・開放政策下のチベットとチベット問題の国際化
中国中央では、文化大革命の終焉とともに、民族政策についても大幅な見直しがはかられていった。1980年には胡耀邦(こようほう/フーヤオパン)がチベットを視察して従来の共産党のチベット政策を批判することで本格的な締め付けの緩和がはじまった。また外国人旅行者の受け入れもはじまり、文化大革命で被害を受けた寺院などの修復も行われるようになった。こうした雰囲気のもと87年からチベット問題は国際的な注目を集めるようになった。この背景にはアメリカ議会の人権派議員の活動に加えてペレストロイカに代表される共産圏諸国の開放化という国際情勢、さらに後の天安門事件につながる中国国内における革新派の勢力増大がある。ダライ・ラマは87年にはアメリカ下院にて演説し、国際舞台に踊り出た。いわゆる「五項目の提案」である。その内容は漢民族のチベット移住などの中国のチベット政策を批判してその平和的解決を提案したものであって、かならずしもチベットの独立を訴えるものではなかったが、国際的に注目され、それに触発されたかのように同年10月にはラサでチベット独立を求めるデモが行われた。ラサでのデモ事件はこれを皮切りに89年まで頻発し、89年3月には大規模なデモが行われ、ラサでは全中国でも初となる戒厳令がしかれることになった。また1988年にダライ・ラマはストラスブールの欧州議会において「ストラスブール提案」とよばれる演説を行ったが、この演説においてダライ・ラマは中国の主権下におけるチベットの「高度な自治」を提案しており、チベット独立の要求がここに正式に取り下げられたという点で注目に値する。しかし、89年の天安門事件によって政治改革と同様にチベット政策もふたたび強硬路線に戻った中国中央は、こうした和解の提案に対して冷淡であり、問題解決に向けた進展というほどのものはみられなかった。[大川謙作]
西部大開発と経済成長下のチベット
1980年代末の体制崩壊の危機を持ちこたえた中国は、90年代から驚異的な経済発展を遂げたが、その結果として上海などの沿海部と内陸部の経済格差が拡大した。中国国務院は2000年、これに対応して西部地域の経済発展を軌道に乗せるための大型の経済政策を発動させた。これが西部大開発である。チベットにも大量の資金が投入され、また観光客の誘致も本格化してホテルやスーパーマーケットなどの建設ラッシュがおこった。従来漢民族はチベットを貧しい後発地域とみなしてきたが、近年では外国人観光客と同様に神秘的な「聖地」としてある種の憧れをもってイメージするようになってきたことも観光業の発展を後押ししている。また06年7月に開通した青海省とラサを結ぶ青蔵鉄道の建設もまたこの計画の大きな柱であった。この過程においてビジネスチャンスをつかんだ富裕なチベット人たちが一種の中産階級を形成しつつあることは見逃せない。こうした人々やその子弟らはテレビドラマやマンダリンポップなど中国のサブカルチャーを享受し、中国語で仕事をするなど、現体制の存在から利益を得ている者たちであり、現代チベットにおいて一定の厚みをもった既得権益集団を形成した。彼らは中国の政策と経済発展の恩恵を受けている人々であり、こうした層からは中国のチベット統治に関する不満や疑問がきかれることは少なくなった。
 とはいえ、こうした経済成長はあくまでも中央主導の輸血型のものであり、中央による大型の資本投下がなくなった後も持続的に発展できるかどうかは不明なところも多い。また急速な発展がある種のゆがみを生んでもいる。鉄道の開通によって大量の物資が流入することでチベットの物価は下がるといわれていたが、実際には中国の急速なインフレに加えて観光客や漢民族の移民の増加のために、鉄道開通以降のラサは物価が急速に上昇している。また現金経済が浸透することによって村落部の農民たちは都市へと出稼ぎに出ざるをえず、出稼ぎに出てみても漢族や回族の出稼ぎに仕事を奪われて結局最低賃金で働く下層労働者として固定されるという現象も観察される。統計の数字に表れる現金収入と消費水準は増していても、実感される生活水準という点ではむしろ落ちこんでいるということになる。結果としては、チベットにおいても中国のその他の地域同様、富める者がますます富み、貧しい者はますます窮するという二極分化が起こっており、都市と村落部の格差が問題となりつつある。[大川謙作]
『R・A・スタン著、山口瑞鳳・定方晟共訳『チベットの文化』(1971、決定版1993・岩波書店) ▽河口慧海著『チベット旅行記』(1978・白水社) ▽佐藤長著『チベット歴史地理研究』(1978・岩波書店) ▽中国人民美術出版社編『中国カラー文庫(3) チベットの旅』(1981・美乃美) ▽中国人民美術出版社編『チベット自然・生活・ラマ教』(1982・美乃美) ▽貞兼綾子編『チベット研究文献目録 日本文・中国文編1877~1977年』(1982・亜細亜大学アジア研究所) ▽貞兼綾子編『チベット研究文献目録2 1978~1995』改訂版(1997・高科書店) ▽長野泰彦・立川武蔵著『チベットの言語と文化』(1987・冬樹社) ▽山口瑞鳳著『チベット』上下(上1987、下1988・東京大学出版会) ▽ラマ・アナガリア・ゴヴィンダ著、山田耕二訳『チベット密教の真理――その象徴体系の研究』(1991・工作舎) ▽ジャンベン・ギャツォ編著、池上正治訳『パンチェン・ラマ伝』(1991・平河出版社) ▽トム・ダマー著、井村宏次訳『チベット医学入門――ホリスティック医学の見地から』(1991・春秋社) ▽ダライ・ラマ著、山際素男訳『ダライ・ラマ自伝』(1992・文芸春秋) ▽W・D・シャカッパ著、三浦順子訳『チベット政治史』(1992・亜細亜大学アジア研究所) ▽加々美光行著『知られざる祈り――中国の民族問題』(1992・新評論) ▽松本高明著『チベット問題と中国』(1996・アジア政経学会) ▽頼富本宏監修『西西蔵(チベット)石窟遺跡』(1997・集英社) ▽D・スネルグルーゴ、H・リチャードソン共著、奥山直司訳『チベット文化史』(1998・春秋社) ▽水原渭江監修・撮影『佛者の目(チベット仏教写真集)』(1998・大空社) ▽毛里和子著『周縁からの中国――民族問題と国家』(1998・東京大学出版会) ▽A・L・ストロング著、西園寺公一訳『チベット日記』(岩波新書) ▽アラン・ウイニントン著、阿部知二訳『チベット』上下(岩波新書)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

チベット(自治区)の関連キーワード青海チベット(青蔵)高原ナムチャ・バルワ[山]ヤルンズアンボ[川]パンチェン・オルドニシシャ・パンマ[山]タンラ(唐古拉)峠ガンケルプンスム山チベット地方人種カイラス[山脈]メンパ(門巴)族青海チベット鉄道ロッパ(珞巴)族チベット[人]ナムナニ[山]ナムツォ[湖]チョモラーリ山カイラス山脈チベット問題カイラス山チベット語

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android