コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トリエント公会議 トリエントこうかいぎ Council of Trent; Concilium Tridentinum

6件 の用語解説(トリエント公会議の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トリエント公会議
トリエントこうかいぎ
Council of Trent; Concilium Tridentinum

宗教改革期の 1545~63年にイタリア南チロルの町トリエント開かれた宗教会議。カトリック教会によれば第 19回公会議で,宗教改革の危機を克服するため,カトリック教会を改革するとともに,教義の強化をはかった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

トリエント‐こうかいぎ〔‐コウクワイギ〕【トリエント公会議】

1545年から1563年にかけて、イタリア北部の都市トリエント(Trient、トレントドイツ語名)で開催された公会議宗教改革運動に対抗するため、カトリックの教義を再確認するとともに教会の諸改革を決定し、近代カトリシズムの基礎を固めた。→反宗教改革

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

トリエント公会議【トリエントこうかいぎ】

プロテスタントに対してカトリック教会の教義を明確にし,教会改革(反宗教改革カトリック改革)をうちだした公会議。教皇パウルス3世の尽力で,前後3期(1545年―1547年,1551年―1552年,1562年―1563年),北イタリアトレントTrento(ドイツ語名トリエントTrient)で開催。
→関連項目サラマンカ大学シュマルカルデン同盟トレント

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

トリエントこうかいぎ【トリエント公会議】

1545‐63年,北イタリアのトレント(ドイツ語名トリエント)で開かれた第19回世界教会会議。1520年代から教会改革のために教会会議開催の必要が叫ばれていたが,キリスト教社会内外の政治的対立で開催がおくれ,教皇パウルス3世(在位1534‐49)の努力によって実現したもの。プロテスタントの主張に対してローマ・カトリックの教義を明らかにし,またカトリック教会の改革を具体化する重要な教令を決定したことにこの会議の意義がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

トリエントこうかいぎ【トリエント公会議】

1545年から63年まで、トリエントを中心に行われたカトリック教会の総会議。宗教改革に対抗して教会の粛正や教義の確定などを行い、近代カトリックの基礎を形づくった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トリエント公会議
とりえんとこうかいぎ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のトリエント公会議の言及

【カトリック改革】より

…カトリック改革は,ルターの出現以後,ルターに反対する反動としての反(対抗)宗教改革Counter‐Reformationという形をとったが,カトリック改革すなわち反宗教改革ではない。かつてはカトリック史家もプロテスタント史家も宗教改革ないし教会改革の時代を,ルターやカルバンの〈宗教改革〉とそれに対抗して起こった〈反(対抗)宗教改革〉(たとえばトリエント公会議)という二つの概念だけで説明し,カトリック改革という概念を用いても,それは反宗教改革と同義語として用いられてきた。最近の研究で明らかになったのは,カトリック改革すなわち反宗教改革ではないこと,カトリック改革には反対・反動という否定面と同時に,自発的肯定面があり,その根源はルター以前にまでさかのぼるということである。…

【教皇権】より

…14世紀のアビニョン捕囚と対立教皇間の大分裂(1378‐1417)は,教皇権への信用を失墜させたが,その解消に一役を買った公会議至上主義は,フェラーラ・フィレンツェ公会議(1438‐45)により破棄された。教皇権はその後,宗教改革者や啓蒙主義者からの攻撃もあって,トリエント公会議(1545‐63)と第1バチカン公会議(1869‐70)により組織的に明確にされ,その司教団との関係も,第2バチカン公会議(1962‐65)により,教皇はキリストの代理者として全教会の上に最高完全の権能を有し,それを単独で自由に行使することも,司教団の頭として司教団とともに行使することもできる(教会憲章22)という形で,補足説明された。教皇【青山 玄】。…

【キリスト教】より

…日本伝道のザビエル,中国伝道のマテオ・リッチ,インド伝道のノビリRoberto de Nobili(1577‐1656)などが著名である。反宗教改革としていま一つ重要なのは,1545年12月に開かれて,63年12月まで3期にわたってつづいたトリエント公会議である。イエズス会は,これに多数の有名なメンバーを派遣した。…

【私生児】より

…これに反し,平民の間では,一夫一婦制に基づく私生児の排除という社会的規範は,かなり強力に機能していたと見られる。とりわけ,ローマ・カトリック教会が,13世紀に,結婚を秘跡の一つと定めて監視の眼を光らせ,また16世紀半ばのトリエント公会議以降は,カトリック宗教改革の一連の動きの中で全面的に規律の徹底をはかったことから,私生児は差別の対象として厳しく排除されることとなった。とくに農村では,村の司祭や共同体の監視の眼は厳しく,フランスでは私生児の率は1%に満たない地方が多く,イギリスでも18世紀半ばまでは5%を超す例はまれであった。…

【スペイン美術】より

…特に国土統一のために宗教の純化を必要としたスペインは,すでに15世紀末,俗に宗教裁判として知られる異端審問制度を復活し,異端排除の意味から美術に対する監視態勢をも整えた。したがって,スペイン国王でもあった神聖ローマ皇帝カルロス5世の要請で開催され,プロテスタンティズムを異端としたトリエント公会議(1545‐63)が発布した教令(美術に対する教令をも含む)を最も歓迎したのがスペインであるのもふしぎでない。16世紀以降のスペイン美術では,カトリック教義を擁護する対抗宗教改革運動に即した美術が主流となり,その傾向はゴヤの時代,つまり教会と美術が決定的に分離する18世紀中葉まで続いたのである。…

【典礼】より

…これが宗教改革前夜における西欧教会の典礼の状況だったのである。 宗教改革に抵抗して教会の中から起こった改革は,トリエント公会議(1562)で具体化され,その決定に基づいて各種の典礼書の規範版が発行された。しかしプロテスタントの行過ぎを警戒するあまり,その誤りを正すほうに主力が注がれ,正しい提案をとり上げて典礼の基本を正すまでには至らなかった。…

※「トリエント公会議」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

トリエント公会議の関連キーワードティントレットトレントイタリアントリエントトレンティーノアルトアディジェイタリアン・トマトベルガマスコデ・ガスペリ北イタリア北イタリア都市問題

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone