コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トルコ共和国 トルコきょうわこくTürkiye Cumhuriyeti

世界大百科事典 第2版の解説

トルコきょうわこく【トルコ共和国 Türkiye Cumhuriyeti】

正式名称=トルコ共和国Türkiye Cumhuriyeti面積=77万9452km2人口(1996)=6265万人首都=アンカラAnkara(日本との時差=-7時間)主要言語=トルコ語,クルド語通貨=トルコ・リラTurkish Liraアジア大陸の西端に位置し,アナトリア(小アジア)とヨーロッパ大陸のマルマラ海沿岸地方の一部とにまたがる共和国。なお,共和国成立以前の歴史については〈トルコ族〉〈セルジューク朝〉〈オスマン帝国〉などの項を参照されたい。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

トルコ共和国

オスマン帝国の滅亡後、1923年に成立。面積は日本の約2倍、人口は約7874万人。イスラム教徒が9割を占めるが、政治と宗教を厳格に分ける「世俗主義」が国是。首都アンカラ。在留邦人は約2200人(2015年10月現在)。 1890年に和歌山県串本町沖でオスマン帝国の軍艦が座礁。地元民が生存者を助けたことをきっかけに、日本と友好関係にある。最大都市イスタンブールは2020年夏季五輪開催地をめぐって東京などと競り合った。 1952年に北大西洋条約機構(NATO)、61年には経済協力開発機構(OECD)に加盟。05年から欧州連合(EU)加盟を目指している。

(2016-07-17 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

トルコ(〈ポルトガル〉Turco)

小アジアバルカン半島東端にまたがる国。正称、トルコ共和国。首都アンカラ。14世紀以降オスマン帝国として栄え、ヨーロッパ東部・アジア西部・アフリカ北部にまたがる大帝国となったが、17世紀末から衰退し、第一次大戦の敗戦で多くの領土を失った。1923年、ケマル=アタチュルクらによる革命を経て共和国となり、首都をイスタンブールから移して近代化を推進。面積78万平方キロメートル。人口7780万(2010)。トゥルク
[補説]「土耳古」とも書く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

トルコ共和国の関連キーワードアタチュルク記念日および青年とスポーツの日第1次世界大戦後の中東イスラム世界ムスタファ ケマル・アタチュルクアナドル・ルメリ権利擁護団メフメット・アリ タラトヤヒヤ・ケマル・ベヤトルデルウィシュ エロールトルコ共和国宣言記念日ケマル・アタチュルクスルタン・カリフ制度イスメット イノニュケマル・アタチュルク分断国家と北京五輪ラフメティ・アラトセイディ・ヌルシーメフメト・アーキフキプロスの分断問題R. デンクタシュケマルアタチュルクオスマン・トルコ語

今日のキーワード

ICT

情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トルコ共和国の関連情報