トーン(読み)とーん

デジタル大辞泉の解説

トーン(tone)

音、音調。
色調。「暗いトーンの絵」
物事全体から感じられる気分・調子。「交渉相手のトーンが変わる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

トーン【Theobald Wolfe Tone】

1763‐98
アイルランドの民族運動指導者。ダブリン大学トリニティ・カレッジ卒業後ロンドンで法律を修め,1789年に弁護士となる。91年にユナイテッド・アイリッシュメン協会結成に尽力し,イギリスからの分離,プロテスタント(国教徒),カトリック,非国教徒の大同団結を訴えた。協会は94年に弾圧され,翌年共和国樹立を目標とする地下組織として再生し,おもにカトリック農民の間に根を張った。トーンはフランス革命に共鳴し,渡仏してフランス陸海軍の遠征を要請,96年には自身も陸軍将校として加わる遠征軍がアイルランドに出向いたが嵐で失敗した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トーン
tone

色調。本来は音楽上の用語で,ミュージカル・トーン (楽音) ,トーン・カラー (音色) などと用いられるが,絵画では類比的に用い,個々の色彩が明暗,濃淡の違いにより形成する階調をいう (→色価 ) 。マネの絵画で明るい色調トーン・クレール tone claireが意識され,印象派では特に重要な要素となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のトーンの言及

【ユナイテッド・アイリッシュメン】より

…正式名称はユナイテッド・アイリッシュメン協会Society of United Irishmen。プロテスタントとカトリックがともにアイルランド人として団結することを訴えたT.W.トーンの指導のもとに,1791年ベルファストとダブリンで組織された。長老派教会員をはじめとするプロテスタント,中流の自由主義者などの参加が多く,協会では議会改革,カトリックの権利回復などが論議された。…

※「トーン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トーンの関連情報