コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハミルカル・バルカス Hamilcar Barcas

世界大百科事典 第2版の解説

ハミルカル・バルカス【Hamilcar Barcas】

前290ころ‐前229
カルタゴの政治家,将軍。ハンニバルの父。バルカスとは〈雷電〉の意。第1次ポエニ戦争末期に艦隊を率いてイタリア南岸を襲い,シチリアゲリラ戦を展開してローマ軍を悩ませた後,ローマとの和平交渉に活躍。戦後は傭兵の反乱を抑えたが,前237年,兵を率いてスペインに渡り,南スペインを制圧してバルカス家支配の基礎を築いた。ローマへの復讐戦の意図は不明。ただしローマ,カルタゴ衝突の遠因がバルカス家のスペイン支配にあったことは確かであろう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ハミルカル・バルカスの関連キーワード履行確保軍艦小事典略取誘拐罪司馬炎武帝司馬炎海洋汚染緩和ケア病棟路木ダムソニー教育財団の支援プログラム

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone