コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハミルトンの原理(最小作用の原理) Hamilton's principle

法則の辞典の解説

ハミルトンの原理【Hamilton's principle】

ハミルトンはそれ以前のモーペルチュイオイラーラグランジュなどの導いた結果を整理して,質点系に対して V をポテンシャルエネルギー,T を運動エネルギーとしたとき

となるが,現実の運動の系に対しては,これが成立しなければならないとした.

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報

ハミルトンの原理(最小作用の原理)の関連キーワードハミルトン(Sir William Rowan Hamilton)ポテンシャルエネルギーモーペルテュイの原理ハミルトンの原理ラグランジュ関数最小作用の原理ハミルトン解析力学力学原理変分原理

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android