コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バブル経済 ばぶるけいざいbubble economy

知恵蔵の解説

バブル経済

資産インフレ」のページをご覧ください。

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

バブル経済

日本は70年代の石油危機を省エネや経費節減で克服、80年代には自動車や電機を軸に輸出大国になる。しかし米国から黒字減らしの市場開放、内需拡大を求められ、中曽根政権は規制緩和や民営化で応えた。85年秋、主要国はドル高を是正することで一致(プラザ合意)、円高が急進した。 輸出産業の苦境を救うため、日銀は86年から金融緩和を重ね、空前のカネ余りと、実態を超す資産価格の膨張(バブル)を招く。資金運用で本業外の収益を追う経営がもてはやされ、銀行は系列企業を使って不動産がらみの融資を競う。投機は株や土地からゴルフ会員権、美術品にまで広がった。 地価高騰はマイホームの夢を阻む。景気が底堅いと見た政府はバブル退治に乗り出し、日銀は89年から5回の利上げ、90年には大蔵省が不動産向け融資を規制し、バブルは株、土地の順にはじけていく。官民とも不良債権の処理に追われ、大型倒産が相次いだ。

(2017-09-27 朝日新聞 朝刊 東特集H)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

バブル‐けいざい【バブル経済】

資産価格が、投機によって実体経済から大幅にかけ離れて上昇する経済状況。多くの場合、信用膨張を伴う。価格の高騰が投機の誘因となる間、バブル経済は持続するが、ファンダメンタルズから想定される適正水準を大幅に上回るため、金融引き締めなどをきっかけに市場価格が下落しはじめると、投機熱は急速に冷め、需給のバランスが崩れ、資産価格は急落する(バブルの崩壊)。名称は、泡(バブル)のように膨張し、あるきっかけで破裂するところから。
[補説]日本では特に、1980年代後半から始まり1990年代初頭に崩壊した、資産価額の高騰による好況期を指す。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

バブル経済【バブルけいざい】

一般に1980年代後半の好景気時期をさす。バブルbubble(泡の意)は,株価・地価など資産価格が,投機目的で,それらの合理的な評価の基礎となるファンダメンタルズ(経済成長率,物価上昇率,利子率など経済の基礎的諸条件)を大幅に上回り,経済が実体以上に泡のように膨張した状態。
→関連項目価格破壊自己破産住専問題住宅金融債権管理機構長期信用銀行日本日本債券信用銀行[株]日本長期信用銀行[株]ノンバンク速水優複合不況不動産証券化細川護煕内閣三重野康リゾート法

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バブル経済
バブルけいざい

株価や土地などの資産価格が,ファンダメンタルズ (経済の基礎的条件) から想定される適正水準を大幅に上回る状況をさす。もともとは為替などの変動メカニズムを説明する経済用語。バブル経済では,実力以上に資産価値が膨張するため,ある水準に達するとふくらみきった泡 (バブル) が破裂するように急反落し,崩壊局面を迎える。 17世紀にオランダでチューリップの球根相場が急騰,暴落した例が最初の明確な事例とされ (→チューリップ恐慌 ) ,18世紀のイギリスでの植民地貿易会社を舞台とする南海泡沫事件も有名。日本では 1985年9月のプラザ合意以降,超金融緩和時代に入り,企業財テクなどの投機資金が株式や不動産市場に流入,地価や株価が高騰し,バブル経済となった。しかし 90年以降,公定歩合引き上げや不動産融資の総量規制などをきっかけに地価・株価が暴落。個人消費も冷え込み,バブル経済は崩壊した。その後遺症としての不良債権問題は「失われた 10年」と呼ばれる日本経済の長期低迷をもたらした。アメリカでも 90年代に史上空前の長期景気拡大が続くなかで,特に後半になって IT (情報技術) 革命で経済が新たな段階に入ったという「ニューエコノミー」論がもてはやされ,インターネット関連のハイテク株が高騰し,「ネットバブル」と呼ばれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バブル経済
ばぶるけいざい

株や土地をはじめとした資産の価格が、ファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)からみて適正な水準を大幅に上回って上昇した日本経済の状況のこと。このような資産価格の高騰により支えられた景気拡大期をバブル景気という。バブルとは英語で泡のことで、中身がないのに大きく膨張し、やがて破裂して跡かたもなく、なくなることを意味する。経済学的には、株価や地価など資産価格が、投機的取引などによって、「理にかなった水準」から大幅にかけ離れて上昇する現象をさす。もともとは為替(かわせ)などの相場の変動メカニズムを説明する用語である。バブルでは、収益性などからみて実力以上に資産価格が上昇するわけであるから、ある水準になると膨らみきった泡がはじけるように急反落し、不可避的に崩壊局面を迎えることになる。バブルは繰り返し起こる現象であり、古くは、17世紀オランダの「チューリップの球根相場」、18世紀イギリスでの「サウスシー・バブル」、1929年の「大恐慌」などが有名な例である。このようなバブルとその崩壊によってもたらされる資産価格の乱高下は、経済活動に大きな影響を与えることになる。J・K・ガルブレイスは、その著『バブルの物語』において、繰り返し起こる「陶酔的熱病=金融バブル」は、それに取りつかれた個人、企業、経済界全体を危険にさらすものだと警告している。
 現在の資産価格の水準は、資産の間の裁定取引(同一商品で価格が違う場合、高いほうを売り、安いほうを買うことにより値ざやを稼ぐこと)を通じて、現在の収益および利子率、そして将来の資産価格の予想によって決定されることが知られている。したがって、現在の収益と利子率の水準が安定している場合でも、現在の収益と資産価格が将来値上がりすると予想されると、それだけの要因で、現在の価格が上昇する。このように将来価格の上昇が予想されると、市場参加者は、他の市場参加者も将来価格の上昇を予想している、と判断して投機的取引を行うことによって資産価格を現実に上昇させるのである。このことがさらに、将来価格のいっそうの上昇を予想させ、価格の上昇を加速させる。いま、予想形成が合理的に行われるとすると、現在の資産価格の水準は(収益/利子率)の大きさになる。これを、「収益還元価格」といい、これが「理にかなった資産価格の水準」なのである。つまり実際の資産価格と収益還元価格との差が「バブル」ということになる。このように、投機的なバブルは価格予想の誤りに基づいて生起するのである。
 日本では、1985年のプラザ合意に伴う円高と、1987年の世界的な株価暴落となったブラックマンデー(暗黒の月曜日)の景気への影響を避けるため低金利政策が続いた。このことにより、1980年代後半に株価や地価が急上昇し、バブル経済となった。日経平均株価で株価の推移をみると、1983年(昭和58)の平均は8800円であったが、1987年10月には2万6646円まで上昇し、1989年(平成1)12月末には3万8918円にまで上昇した。これは1983年に比べると、実に4倍以上の上昇である。地価も1980年代後半には、これまでに類のない上昇を示した。首都圏では、1986、1987年の2年間に、住宅地の公示地価が2倍以上になった。東京都区部では3倍近い上昇を示している。1989、1990年には、地価の上昇は大阪圏、名古屋圏に波及した。株や土地をもっている企業や個人の保有資産の価値が高まり、これを担保に低利で資金を調達することが可能となった。これらの潤沢な資金は不動産市場や株式市場に流れ込み、それによって地価や株価を急速につり上げていったのである。こうした資産価格の上昇はマクロ経済に対して好影響を与え、戦後最長の「いざなぎ景気」に匹敵する、1986年12月から1991年2月までの51か月続いた景気拡大局面をもたらした。しかし、一方では、「持てるもの」と「持たざるもの」との格差の拡大や過剰な土地需要を発生させ、所得分配および資源配分面でのゆがみという問題を引き起こすに至った。
 政府の金融引締め策による金利の上昇と、税制面の見直しや土地関連融資の総量規制などをきっかけとして、資産価格は反落に転じ、バブルは崩壊した。株価は、1990年に入ると急落し、10月初めにはピーク時の約半分の2万円近くの水準まで下落した。1992年8月には1万4309円となり、ピークからの下落率は実に63%であった。一方、地価は、1991年には大都市圏において下落し、1992年1月の公示地価(全国全用途平均)は、前年比4.6%の下落となり、1993年1月は前年比8.4%の下落となった。こうした資産価格の下落により、経済の各部門で負債を圧縮させようとする、いわゆるバランスシート調整が行われることになった。資産価値の下落によって、家計部門は消費支出を抑制し、企業は、有利子負債圧縮のために手元流動性(現金・預金+有価証券)を取り崩し、設備投資を抑制した。また、銀行は不良債権の増大と株式の含み益の減少による自己資本比率の低下に対処するために、貸出を抑制することから、いわゆるクレジット・クランチ(貸し渋り)が発生した。このようなバブル崩壊の後遺症は、「失われた十年」ともよばれる日本経済の長期の停滞を招く一因となった。[羽田 亨]
『ジョン・ケネス・ガルブレイス著、鈴木哲太郎訳『バブルの物語――暴落の前に天才がいる』(1991・ダイヤモンド社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のバブル経済の言及

【銀行】より

…その間に生じるであろう銀行業の再編や,その際に生じるかもしれない銀行経営の悪化,信用秩序の動揺にどう対応するかが,銀行行政の一つの課題となった。【蠟山 昌一】
[バブルの発生と崩壊――不良債権処理]
1980年代後半に株価・地価等の資産価格が急騰したが,90年代になると急落し,バブル経済は崩壊した(〈日本資本主義〉の〈円高不況からバブル経済へ〉の項を参照)。1986年から89年にかけて,株価・地価の上昇で,毎年350兆~500兆円,名目GDPの92~140%もの規模のキャピタル・ゲインの発生によって,資産価格の値上りがいかに大きかったかを知りえよう。…

※「バブル経済」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

バブル経済の関連キーワードブラック・マンデー(Black Monday)ファシリティマネジメント(FM)ガバナンス Governance富国生命保険[相互会社]ヤングエグゼクティブ上杉鷹山(ようざん)社会的責任[企業]セト・ノベルティー金融改革プログラム足利銀行の経営破綻不良債権処理問題日本長期信用銀行全員参加型好景気キャピタル・ロス共同債権買取機構資産価格バブルベース・アップ投資ファンドイトマン事件モーレツ社員

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バブル経済の関連情報