コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィクション fiction

翻訳|fiction

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フィクション
fiction

虚構。英語の原義は「形づくる」こと。一般に事実でないものを事実らしくつくり上げることを意味するが,文学用語としてのフィクションは,架空の出来事を想像的に描いた物語,特に散文で書かれた小説の類を総称する語で,同様に想像的要素の多い詩や劇とは区別するならわしである。また,虚構ではない実際の出来事の物語,すなわち歴史,伝記ルポルタージュなどは,ノンフィクションと呼ばれて対照的に区別される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フィクション【fiction】

本来,虚構とかつくりごとを意味するが,英語では小説作品をも指す。小説はもともと娯楽用,あるいは教戒用のつくり話であった。18世紀以降の西欧の科学的実証主義思潮長編小説最盛期と符合したため,小説を人間の真実ないしは社会の実相を表現する模写芸術とし,文章外の事実と文章との合致を想定させる〈まことらしさ〉,あるいは〈リアリティ〉に至上価値をおく小説観が一時有力となった。今日でもなお一般読者の間では,そのような誤解が根強く残っており,それがロマン主義的な〈詩人はぐれ者説〉と同時的に輸入された結果,日本独自のジャンルとして誕生したのが〈私小説〉〈心境小説〉である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

フィクション【fiction】

想像によって作り上げられた事柄。虚構。
作者の想像力によって作り出された物語。創作。作り話。 ⇔ ノンフィクション

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フィクション
ふぃくしょん
fiction

虚構、仮構、小説。ラテン語のフィクティオfictio(形成する)が語源で、本来捏造(ねつぞう)するの意味があり、想像による創作の意味をもつ。事実をあるがままに記録、描写するのではなく、架空の人物や物語を真実らしく構想することで、ロマンスやノベルを総称してフィクションとよぶようになった。伝記、ルポルタージュを意味するノンフィクションと対立する語。[船戸英夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のフィクションの言及

【ノンフィクション】より

…字義どおりにはフィクションではないもの,つまり小説,詩,戯曲を除くすべての著作物。日本やアメリカの書評紙ではベストセラーの一覧をフィクションとノンフィクションに分け,後者には健康促進,ペットの飼い方などの実用書まで含まれる。…

※「フィクション」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

フィクションの関連キーワードこんな夜更けにバナナかよ/筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち空白の五マイル/チベット、世界最大のツアンポー峡谷に挑むゆりかごの死/乳幼児突然死症候群(SIDS)の光と影あの戦争から遠く離れて/私につながる歴史をたどる旅残酷な楽園/ライフ・イズ・シット・サンドイッチカフカスの小さな国/チェチェン独立運動始末ショーン 横たわるエイズアクティビストライオンの夢/コンデ・コマ=前田光世伝永遠のPL学園/六〇年目のゲームセットガンと戦った昭和史/塚本憲甫と医師たち墜落の夏/日航機123便事故全記録リチャード・S. シェイヴァー闇はわれを阻まず/山本覚馬伝レーザー・メス 神の指先ナツコ 沖縄密貿易の女王ルイズ 父に貰いし名は火花/北条民雄の生涯エクソシストとの対話ソフトバンク文庫NF狂気の左サイドバック

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フィクションの関連情報