ホモサピエンス

精選版 日本国語大辞典「ホモサピエンス」の解説

ホモ‐サピエンス

〘名〙 (Homo sapiens 知恵あるヒトの)
人類学名生物学的にはヒト属ヒト科をさす。ホモ‐サピエンス‐ネアンデルターレンシス(ネアンデルタール人類・旧人)とホモ‐サピエンス‐サピエンス(現生人類)に分けられる。
② 一八世紀スウェーデンの植物学者カール=フォン=リンネ用語。明確な言語能力、抽象的な推理能力をもつ現生人類。二〇世紀ドイツの哲学者マックス=シェーラーによれば、理性力で世界を形成し理想を実現していく人間という、古代から近代にかけての主流となった人間観。知性人

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ホモサピエンス」の解説

ホモ‐サピエンス(〈ラテン〉Homo sapiens)

《賢い人の意》
人類のうち、旧人すなわちネアンデルタール人以降現代人までを含む学名。かつては、新人以降をさす呼び名だった。→ホモサピエンス‐サピエンス
人間観の一。他の動物に比べ、人間の本質は理性を有することにあるとする考え。知性人。→ホモファベル
[類語]人間ひと人類人倫万物の霊長考えるあし米の虫人物人士じんもの現生人類原始人新人旧人原人ジャワ原人北京原人直立猿人猿人ピテカントロプス

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android