コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラージプート Rājpūt

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラージプート
Rājpūt

インド,ラージャスターン州を中心に居住する部族名。5世紀頃中央アジアからインドに移動し,現在のラージャスターン州を中心に定住したといわれる。北インド,西インドにかけて多くの王朝を建設し,13世紀以降デリーを都とするムスリム諸王朝の樹立まで北インド政治の中心をなした。有名な王朝としてプラティーハーラ朝があり,8世紀中頃から北インド平原を支配して,ベンガルのパーラ朝,デカンのラーシュトラクータ朝と覇を競い,ついに北インド,中央インドを支配する大王国を形成した。10世紀にプラティーハーラ朝が衰えるとグジャラート地方にチャールキヤ朝,マールワ地方にパラマーラ朝,北インドにチャンデーラ朝,ラージャスターン地方にチャーハマーナ朝などが独立した。1192年ゴール朝のムハンマド(→ムハンマド・ゴーリー)がインドに侵入するとラージプート諸勢力は王であるプリトビーラージを中心として戦ったが敗北し,その後ムスリム諸王朝と抗争を繰り返した。またアウラングゼーブ帝はイスラム正統主義を標榜してラージプート諸王国と争ったが,ムガル帝国衰退後の動乱期にはマラータやアフガンなどの諸勢力による外部からの干渉も受け,ラージプート諸王国は混乱,荒廃した。1818年以降ラージプート諸王国はイギリス植民地支配下で藩王国(→インド藩王国)となり,1947年のインド独立後にインドに併合された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ラージプート

7―9世紀ごろ,北方からインドに侵入した外来諸族に土着諸族が混交成立した種族。ラージプタナ(ラージャスターン)と中央・北インドの一部に分布して多くの国家を建設。
→関連項目アウラングゼーブジャイプルジョードプルビーカーネール

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ラージプート【Rājpūt】

西部インド,中部インドにいくつかの政権をうちたてた尚武の種族。サンスクリットで〈王子〉を意味するラージャプトラrājaputraの俗語形。古代クシャトリヤの子孫であると称してこの呼称を用いた。彼らが多く住むラージャスターン地方は,ラージプターナRājputāna(ラージプートの土地)とも呼ばれる。5世紀中ごろフーナ族(エフタル)に伴ってインドに入った中央アジア系種族や,土着の諸種族に起源をもつ。氏族的結合が強く,氏族を単位として王国がたてられた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ラージプート【Rājpūt】

北西インドの諸部族集団。五~一二世紀に北インド各地に小王国を形成。一九世紀に藩王国を形成した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のラージプートの言及

【インド】より

…とくに8世紀以後には,各王朝は伝説上の太古の王の後裔と称して,王朝の権威と支配の正当性を誇示するようになり,諸王朝の割拠状態が著しくなるにつれ,各地方で領主層が台頭しその勢力が強まり,政治権力の分散化が進んだ。後世ラージプートとよばれるカーストが形成されるのもこの時期である。一方,村落には古くから自治自律的な機関が存在し,村長や村老によって運営された。…

【グルジャラ族】より

…5世紀ごろフン(エフタル)族などとともに中央アジア方面から西インドに入って定着し,インド化したとみられているが,この外来説に反対し土着説を唱える史家も多い。6世紀中ごろから有力となり,クシャトリヤ(ラージプート)と称して西インド各地に数王国を建設した。この種族に属し8世紀前半マールワー地方に興ったプラティーハーラ朝は,9世紀初めガンガー(ガンジス)川流域に進出してカナウジに遷都し,北インドに大王国を建設した(11世紀初めまで続く)。…

【ヒマラヤ[山脈]】より

…パハーリー語は西部,中部,東部に分かれ,西部パハーリー語はヒマーチャル・プラデーシュ州の諸言語,中部パハーリー語はガルワール・ヒマラヤの諸言語,東部パハーリー語はネパール語で,ネパールの国語となった。彼らの多くは,イスラムのインド亜大陸侵入によって,難を避けたラージプート(王族)の子孫を自称する。そして数多くの土侯国がヒマラヤ山中に生まれた。…

【ラージャスターン[州]】より

… 歴史は古く,州北部のカーリーバンガンではインダス文明都市期の都市遺跡が発見されている。前2世紀から後6世紀までは,バクトリア,サカ,グプタなどの諸王朝の領域下にはいり,8世紀から12世紀にかけては州名の由来となったラージプートの諸王朝が興亡した。13~14世紀にはデリー・サルタナットに服属したが,16世紀初めにはラージプートは勢力を回復するに至る。…

※「ラージプート」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ラージプートの関連キーワードラージプート諸王朝シャー・ジャハーンジャハーンギールチットールガル城ジャイサルメル城ブンデールカンドラージプート絵画マーン・シングチットールガルランタムボールバーンスワーラジャイサルメルジャームナガルチャンパネールパルターブガルバーオナガルカーングラ画アムベル宮殿アジュメールポルバンダル

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android