ワトソン(読み)わとそん(英語表記)James Dewey Watson

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ワトソン(James Dewey Watson)
わとそん
James Dewey Watson
(1928― )

アメリカの分子生物学者。シカゴに生まれる。1962年、M・H・F・ウィルキンズ、F・H・C・クリックとともに、「核酸の分子構造と生物における情報伝達に対するその意義」に関する業績によりノーベル医学生理学賞を受けた。彼らの仕事は、遺伝という生物現象のなかでも、もっとも基本的とされるものを、分子生物学的に解明するうえで画期的な成果をあげた。まさに20世紀最大の科学上の業績といえる。
 1947年シカゴ大学動物学科卒業後、インディアナ大学大学院で、S・E・ルリアの指導下に、バクテリオファージの増殖に及ぼす放射線の効果について研究し、1950年博士号を取得。その後、デンマークのコペンハーゲンの細胞生理学研究所のカルカーHerman Moritz Kalckar(1908―1991)のもとに留学、核酸の代謝について研究するが、カルカーとナポリに行き、ここでのシンポジウムに出席の折、ウィルキンズに会い、彼の発表した結晶DNA(デオキシリボ核酸)のX線回折を初めて見て、DNAの化学的構造に興味を抱く。1952年イギリスのケンブリッジ大学キャベンディッシュ研究所のJ・C・ケンドルーのもとに留学(~1955)、ここに来ていたクリックに会い、協力して結晶DNAのX線解析像を基にしたDNAの構造研究にあたり、1953年DNAの二重螺旋(らせん)構造(ワトソン‐クリックモデル)を発表した。同年、帰国し、カリフォルニア工科大学の生物学の奨学金給費研究員として、RNA(リボ核酸)のX線回折実験を行い(~1955)、1955年ふたたび渡英して、クリックとともにウィルス粒子形成について研究、1956~1961年ハーバード大学生物学准教授、1961~1976年同大学分子生物学教授、また1968~1993年コールド・スプリング・ハーバー研究所所長、1989~1992年国立衛生研究所(NIH)のヒトゲノム研究センター長などを務めた。その著『二重らせん』The Double Helix(1968)には、激しい国際的競争のなかでの、二重螺旋の発見に至る経過が率直に書かれている。他のおもな著に『遺伝子の分子生物学』Molecular Biology of the Gene(初版1965、第2版1970、第3版1976、第4版1988)、『組換えDNAの分子生物学』Recombinant DNA : A Short Course(1983)、『DNAへの情熱――遺伝子、ゲノム、そして社会』A Passion for DNA : Genes, Genomes, and Society(2000)などがある。また、ワトソンらの仕事を彼の自著以上に歴史的に克明に追った本として、R・オルビー著『二重らせんへの道』The Path to the Double Helix(1974)がある。[梅田敏郎・道家達將]
『ワトソン他著、松橋通生他監訳『ワトソン・組換えDNAの分子生物学』原著第2版(1993/原著第3版・2009・丸善) ▽新庄直樹他訳『DNAへの情熱――遺伝子、ゲノム、そして社会』(2000・ニュートンプレス) ▽ワトソン他著、松原謙一・中村桂子・三浦謹一郎監訳『ワトソン・遺伝子の分子生物学』上下・原著第4版(2001/原著第6版・中村桂子監訳・滋賀陽子・中塚公子・宮下悦子訳・2010・東京電機大学出版局) ▽江上不二夫・中村桂子訳『二重らせん』(講談社・ブルーバックス) ▽R・オルビー著、長野敬・道家達將・石館三枝子他訳『二重らせんへの道』上下(1982、1996・紀伊國屋書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ワトソンの関連情報