コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仄見える ホノミエル

デジタル大辞泉の解説

ほの‐み・える【×仄見える】

[動ア下一][文]ほのみ・ゆ[ヤ下二]かすかに見える。ほのかに見える。
「杉林は焦げ茶色の暗さのうちに、もの明るさが―・えていた」〈康成・春景色〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほのみえる【仄見える】

( 動下一 ) [文] ヤ下二 ほのみ・ゆ
ほのかに見える。ちらっと見える。 「木立ちの間に社殿が-・える」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

仄見えるの関連キーワード焦げ茶色木立ち

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android