コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仄暗い ホノグライ

デジタル大辞泉の解説

ほの‐ぐら・い【×仄暗い】

[形][文]ほのぐら・し[ク]ほのかに暗い。光が弱くてうす暗い。「―・いろうそくの光」
[派生]ほのぐらさ[名]

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ほのぐらい【仄暗い】

( 形 ) [文] ク ほのぐら・し
ものの輪郭がぼんやりと見える程度の暗さである。うすぐらい。 「まだ-・いうちに出発する」
[派生] -さ ( 名 )

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

仄暗いの関連キーワードダーク・ウォーターバルテル サレスリメーク映画金子みすゞろうそく藤本洋子原知佐子安田洋子萩原利映鈴木光司輪郭

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

仄暗いの関連情報