コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ほんのり ホンノリ

デジタル大辞泉の解説

ほんのり

[副]色・香・姿などが、かすかなさま。うっすら。ほのかに。「頰をほんのり(と)赤める」「ほんのり(と)した梅の香り

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ほんのり

( 副 ) スル
かすかなさま。ほのか。うっすら。 「 -(と)頰を染める」 「 -(と)東の空がしらんできた」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ほんのりの関連キーワード三遊亭 円遊(4代目)海棠睡り未だ足らず香ばしい・芳ばしい聖護院だいこんえびせんべいはなっこりースカイグレイライスミルク微酔い機嫌千葉ののり初恋の香り清水白桃ぽうっとマッコリほっかりぼんぼり松江姉様花御所柿竹崎カニぼうっと

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ほんのりの関連情報