コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ほんのり ホンノリ

デジタル大辞泉の解説

ほんのり

[副]色・香・姿などが、かすかなさま。うっすら。ほのかに。「頰をほんのり(と)赤める」「ほんのり(と)した梅の香り

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほんのり

( 副 ) スル
かすかなさま。ほのか。うっすら。 「 -(と)頰を染める」 「 -(と)東の空がしらんできた」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ほんのりの関連キーワードミミまでやわらかおいしい食パン三遊亭 円遊(4代目)香ばしい・芳ばしい海棠睡り未だ足らず新潟県新発田市聖護院だいこんスカイグレイえびせんべいはなっこりーライスミルク微酔い機嫌初恋の香り千葉ののりほっかり清水白桃マッコリ竹崎カニ花御所柿ぽうっとぼうっと

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ほんのりの関連情報