ほんのり(読み)ホンノリ

デジタル大辞泉の解説

[副]色・香・姿などが、かすかなさま。うっすら。ほのかに。「頰をほんのり(と)赤める」「ほんのり(と)した梅の香り」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘副〙 (「と」を伴って用いることもある)
① 形、色、香りなどがかすかに現われるさまを表わす語。うっすら。
※浄瑠璃・聖徳太子絵伝記(1717)二「恥しげに赤らむ顔のほんのりは、霞に虹の如く也」
② 夜が明けはじめるさまを表わす語。ほのぼの。
※狂歌・吾吟我集(1649)九「ふくろうの声よりほほんほんのりと月の桂の木ずゑ明ゆく」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ほんのりの関連情報