コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幽か/微か カスカ

デジタル大辞泉の解説

かす‐か【幽か/微か】

[形動][文][ナリ]
やっと感じ取れる程度であるさま。はっきりとは認められないさま。「―な物音」「―な記憶」
生活ぶりなど弱々しく、細々としたさま。「わずかな収入で―に日を送る」
姿かたちのみすぼらしいさま。貧弱。
「―なる小さき法師一人をなん具したりける」〈今昔・一七・四四〉
人目につかないさま。ひっそりとして寂しそうなさま。
「北の方の―なる御有様をも」〈平家・一二〉
僅(わず)か用法
[派生]かすかさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

幽か/微かの関連キーワード上白石萌歌兼平由佳理武骨・無骨岡田隆之介黒崎レイナ佐山彩香井越有彩阪田瑞穂前田敦子大友花恋広田亮平小田桐一『斜陽』吹付ける加藤忠可山本舞香日野出清田口司江原舞関紫優