暗然(読み)アンゼン

デジタル大辞泉「暗然」の解説

あん‐ぜん【暗然/×黯然/闇然】

[ト・タル][文][形動タリ]
悲しみ、絶望などで心がふさぐさま。気落ちするさま。
「―として云うべき言葉もなく」〈谷崎春琴抄
暗いさま。黒いさま。また、はっきりしないさま。
「沖より来る響、―として湧く力」〈犀星・十月のノオト〉
[類語](1打ち沈む重苦しい沈み込む気が重い気が沈む沈む/(2暗い薄暗いほの暗い小暗い木暗い小暗がり手暗がり真っ暗暗澹冥冥ようとしてようほのかかすかほんのりうっすらおぼろげ薄薄淡い杳杳ようよう漠然ぼんやりぼうっとぼうとぼやっと不鮮明もやもや霞む

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android