コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仄か/側か ホノカ

2件 の用語解説(仄か/側かの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ほの‐か【×仄か/側か】

[形動][文][ナリ]
わずかにそれと認められるさま。かすか。「―に見える人影」「―な残月の光」「花の香りが―にただよう」
心や意識がぼんやりしているさま。かすか。「―に記憶している」「―な恋心」
量や程度がわずかなさま。「―な期待を寄せる」
「―にも軒端の荻を結ばずは露のかごとを何にかけまし」〈・夕顔〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ほのか【仄か】

( 形動 ) [文] ナリ 
光・色・香りなどがわずかに感じられるさま。 「 -な光」 「 -に赤みがさす」
明瞭でないさま。 「 -に覚えている」 「 -に聞く」
量や程度が少ないさま。 「花は-に開けさしつつ/源氏

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone