コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

催す(読み)モヨオス

デジタル大辞泉の解説

もよお・す〔もよほす〕【催す】

[動サ五(四)]
人を集めて行事などを行う。開催する。「送別の宴を―・す」
そういう気持ちにさせる。かきたてる。さそう。また、物事が起ころうとする兆候を見せる。きざす。「涙を―・す」「あわれを―・す」「吐きけを―・す」「眠けを―・す」
せきたてる。催促する。
「煩悩には絶えず―・され」〈倉田出家とその弟子
「東の院、急ぎ作らすべきよし、―・し仰せ給ふ」〈・澪標〉
人を呼び集める。召集する。
「一門の人々にも触れ申せ。侍ども―・せ」〈平家・二〉
手はずを整える。準備する。
「あるべき事どもなど、こちたきまで―・しおかれ」〈増鏡・むら時雨〉
[可能]もよおせる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

もよおす【催す】

( 動五[四] )
行事を企てて行う。開催する。 「茶会を-・す」
ある気分・状態を起こさせる。かきたてる。また、起こる。きざす。 「興が-・す」 「吐き気を-・すような話」 「便意を-・す」 「眠気を-・す」 「寂莫の感を-・さしめる種類のものではない/ふらんす物語 荷風
用意をする。 「あるべきことどもなど、こちたきまで-・しおかれ/増鏡 むら時雨
(人々・軍勢などを)呼び集める。招集する。 「侍ども-・せ/平家 2
催促する。うながす。せきたてる。 「舟とく漕げ、日のよきに、と-・せば/土左」
課する。賦課する。 「各々一荷を充てて-・さしむ/今昔 28
[可能] もよおせる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

催すの関連情報