コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

催す モヨオス

デジタル大辞泉の解説

もよお・す〔もよほす〕【催す】

[動サ五(四)]
人を集めて行事などを行う。開催する。「送別の宴を―・す」
そういう気持ちにさせる。かきたてる。さそう。また、物事が起ころうとする兆候を見せる。きざす。「涙を―・す」「あわれを―・す」「吐きけを―・す」「眠けを―・す」
せきたてる。催促する。
「煩悩には絶えず―・され」〈倉田出家とその弟子
「東の院、急ぎ作らすべきよし、―・し仰せ給ふ」〈・澪標〉
人を呼び集める。召集する。
「一門の人々にも触れ申せ。侍ども―・せ」〈平家・二〉
手はずを整える。準備する。
「あるべき事どもなど、こちたきまで―・しおかれ」〈増鏡・むら時雨〉
[可能]もよおせる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

もよおす【催す】

( 動五[四] )
行事を企てて行う。開催する。 「茶会を-・す」
ある気分・状態を起こさせる。かきたてる。また、起こる。きざす。 「興が-・す」 「吐き気を-・すような話」 「便意を-・す」 「眠気を-・す」 「寂莫の感を-・さしめる種類のものではない/ふらんす物語 荷風
用意をする。 「あるべきことどもなど、こちたきまで-・しおかれ/増鏡 むら時雨
(人々・軍勢などを)呼び集める。招集する。 「侍ども-・せ/平家 2
催促する。うながす。せきたてる。 「舟とく漕げ、日のよきに、と-・せば/土左」
課する。賦課する。 「各々一荷を充てて-・さしむ/今昔 28
[可能] もよおせる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

催すの関連キーワードガーデンパーティー追い出しコンパ口切りの茶事レセプション壺の口を切る追出しコンパ影供歌合柴火の会朝の茶事裏急後重名残の宴一客一亭しぶり腹奉納相撲大御遊び名残の茶クラス会奉納試合月次講雪の賀

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

催すの関連情報