コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出水[市] いずみ

2件 の用語解説(出水[市]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

出水[市]【いずみ】

鹿児島県北西部の市。1954年市制。西は八代海に臨み,干拓地を含む出水平野が開け,東部は山地。麓集落で城下町であった出水と港町の米ノ津に市街が発達,九州新幹線肥薩おれんじ鉄道,国道3号線が通じる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

いずみ【出水[市]】

鹿児島県北西端,熊本県水俣市に接する市。1954年出水町と米之津町が合体,市制。人口4万0107(1995)。古くは泉,和泉と書いたこともある。中心の出水は薩摩藩北辺の重要外城の一つだったところで,今でも武家屋敷が面影を残す。また江戸時代に出入りの取締りを行った野間の関の跡がある。北部は肥薩山地,南東は出水(紫尾)山地で,山地が広いが,北西は出水平野の一部で,水田は少ないが,畑地で野菜,果物の栽培が盛んなほか,特に苗木や庭園樹木の育成に特色があり,養鶏業も盛んである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

出水[市]の関連キーワード水俣市チッソ水俣みなまた水俣病公式確認天の魚肥薩おれんじ鉄道JR肥薩線浜元二徳南国交通

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone