コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出水[市] いずみ

世界大百科事典 第2版の解説

いずみ【出水[市]】

鹿児島県北西端,熊本県水俣市に接する市。1954年出水町と米之津町が合体,市制。人口4万0107(1995)。古くは泉,和泉と書いたこともある。中心の出水は薩摩藩北辺の重要外城の一つだったところで,今でも武家屋敷が面影を残す。また江戸時代に出入りの取締りを行った野間の関の跡がある。北部は肥薩山地,南東は出水(紫尾)山地で,山地が広いが,北西は出水平野の一部で,水田は少ないが,畑地で野菜,果物の栽培が盛んなほか,特に苗木や庭園樹木の育成に特色があり,養鶏業も盛んである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

出水[市]の関連キーワード斎藤寅次郎マキノ雅広世界のおもなアカデミートルンカ新藤兼人溝口健二石井桃子オータン・ララ川島雄三国民保養温泉

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android