台東(区)(読み)たいとう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

台東(区)
たいとう

東京都区部の北東部、隅田(すみだ)川右岸にある区。1947年(昭和22)下谷(したや)、浅草の2区が合併して台東区となる。区名は上野の台地の東側にあるとの意味で、下谷の名のように沖積低地が大部分を占め、江戸初期は、千束(せんぞく)池など湿地が多かった。上野の台地は忍ヶ岡(しのぶがおか)ともよばれ、不忍池(しのばずのいけ)に流れていた藍染(あいぞめ)川の谷で文京区と接する。JR山手(やまのて)線・京浜東北線が西側を通り、鶯谷(うぐいすだに)、上野、御徒町(おかちまち)の3駅があり、南端の浅草橋はJR総武(そうぶ)線が通る。また、東京メトロ銀座線・日比谷(ひびや)線、都営地下鉄浅草線・大江戸線、京成電鉄、つくばエクスプレスが通じる。浅草駅から東武伊勢崎線が発する。道路は首都高速道路1号上野線、国道4号、6号が通る。
 上野は江戸城の北東、すなわち鬼門(きもん)の方向にあたることから、江戸城鎮護のため、京都の比叡山延暦(ひえいざんえんりゃく)寺にあやかって東叡山寛永(とうえいざんかんえい)寺が建設され、江戸第一の大寺となった。徳川家康入府後、低湿地は埋め立てられ、明暦(めいれき)の大火(1657)後、東本願寺など寺院、武家屋敷などが江戸中心部から移転、しだいに市街化された。南東の蔵前(くらまえ)は幕府の米蔵があり、上野広小路(ひろこうじ)は寛永寺の、浅草は浅草(せんそう)寺の、それぞれ門前町として繁栄した。一方、根岸、入谷(いりや)は文人の里として親しまれた。日本堤を上った吉原は、明暦の大火後、人形町(元吉原)から移された遊興の里である。
 奥州街道筋は問屋街を形成、蔵前の玩具(がんぐ)・文房具、花川戸(はなかわど)の履き物などがあり、問屋資本による日用消費財の中小・零細企業の集団として商工業が盛んで、ほかに鞄、ハンドバッグなどの皮革、衣服、金属製品などの製造業がある。江戸時代からの職人・商人の伝統を引き継ぎ、浅草(あさくさ)神社の三社(さんじゃ)祭や、鷲(おおとり)神社の酉(とり)の市(いち)、入谷鬼子母神(きしもじん)(真源寺)の朝顔市、浅草のほおずき市、羽子板(はごいた)市のように江戸の年中行事をいまも受け継いでいる。明治以後上野駅が開設され、上野、浅草は中心商店街として栄え、近代文化も早く取り入れた。第二次世界大戦後、発展を都心の池袋や新宿などに奪われ斜陽の感もあったが、1985年(昭和60)東北・上越新幹線の上野駅乗り入れを機に再興が図られ、従来からある食料品・雑貨のアメヤ横丁(アメ横)、食器具の合羽橋(かっぱばし)に加えて、ファッション、スポーツ用品、バイクなどの業種が御徒町や北上野に進出して若者が集まるようになった。
 寛永寺境内は明治以後上野公園として開放され、東京国立博物館、国立科学博物館、国立西洋美術館、東京都美術館、東京芸術大学があり、文化・学術のセンターとなっている。また、動物園や桜の名所として親しまれている。その北方、谷中(やなか)は寺院の町で、旧天王寺(てんのうじ)の寺域に都営の谷中霊園がある。天王寺にあった五重塔は1957年(昭和32)焼失した。浅草寺境内は浅草公園で、参道の仲見世(なかみせ)や六区(ろっく)、花屋敷の遊園地など都民の歓楽街となっている。その北に待乳山聖天(まつちやましょうでん)、隅田公園がある。蔵前の米蔵跡は第二次世界大戦後、大相撲(おおずもう)が開催される蔵前国技館で知られたが、1985年国技館は両国へふたたび移転した。区立の下町風俗資料館(1980年開館)、江戸下町伝統工芸館(1997年開館)がある。旧東京音楽学校奏楽堂は国指定重要文化財。面積10.08平方キロメートル、人口17万5928(2010)。[沢田 清]
『『台東区史』全3巻(1966・台東区) ▽『ビジュアル台東区史』(1997・台東区) ▽『台東区史 通史編』(1997~2000・台東区)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

台東(区)の関連情報