コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

噴飯 フンパン

デジタル大辞泉の解説

ふん‐ぱん【噴飯】

[名](スル)《おかしくて、食べかけの飯をこらえきれずに噴き出す意から》がまんできずに笑ってしまうこと。「彼の弁解は噴飯ものだ」→噴飯物[補説]
「貫一は覚えず―せんと為つつ」〈紅葉・続々金色夜叉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふんぱん【噴飯】

( 名 ) スル
〔おかしさにこらえきれず、食べかけていた飯粒を吹き出す意〕
ばかばかしくて、思わずふき出して笑うこと。 「其忠信孝悌を説く顔つきのまじめさを見て殆ど-せんと欲す/病牀譫語 子規

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

噴飯の関連キーワード分・刎・吻・噴・墳・奮・忿・憤・扮・焚・粉・糞・紛・芬・雰国語に関する世論調査飯粒

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

噴飯の関連情報