コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軽はずみ カルハズミ

デジタル大辞泉の解説

かる‐はずみ〔‐はづみ〕【軽はずみ】

[名・形動]
その時のはずみで、深い考えもなしに言ったり、したりすること。また、そのさま。軽率(けいそつ)。「軽はずみな行い」「軽はずみにしゃべるな」
ちょっとしたこと。軽妙なこと。また、そのさま。
「―なる咄のあるも、人みな聞き伝へて」〈浮・好色盛衰記〉

かろ‐はずみ〔‐はづみ〕【軽はずみ】

[名・形動]かるはずみ」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かるはずみ【軽はずみ】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
よく考えないで調子に乗って物事をする・こと(さま)。軽率。 「 -な行動」
軽妙なさま。 「此所に-なる咄しの有も、人皆聞つたへて/浮世草子・好色盛衰記 2

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

軽はずみの関連キーワードそそっかしいゆくりなしおいそれ者尻馬に乗る小人の勇軽挙妄動慎み深い浮世草子ゆくりか軽佻浮薄御調子者跳ね返り隠忍自重御先走り尻が軽い蓮葉女奥なし軽骨者口疾し調子者

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

軽はずみの関連情報