コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軽はずみ カルハズミ

デジタル大辞泉の解説

かる‐はずみ〔‐はづみ〕【軽はずみ】

[名・形動]
その時のはずみで、深い考えもなしに言ったり、したりすること。また、そのさま。軽率(けいそつ)。「軽はずみな行い」「軽はずみにしゃべるな」
ちょっとしたこと。軽妙なこと。また、そのさま。
「―なる咄のあるも、人みな聞き伝へて」〈浮・好色盛衰記〉

かろ‐はずみ〔‐はづみ〕【軽はずみ】

[名・形動]かるはずみ」に同じ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かるはずみ【軽はずみ】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
よく考えないで調子に乗って物事をする・こと(さま)。軽率。 「 -な行動」
軽妙なさま。 「此所に-なる咄しの有も、人皆聞つたへて/浮世草子・好色盛衰記 2

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

軽はずみの関連キーワードそそっかしい尻馬に乗るゆくりなしおいそれ者軽佻浮薄尻が軽いゆくりか跳ね返り軽挙妄動浮世草子慎み深い隠忍自重御調子者小人の勇御先走り調子者ふわと早まる口疾し蓮葉女

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

軽はずみの関連情報