軽はずみ(読み)カルハズミ

デジタル大辞泉の解説

かる‐はずみ〔‐はづみ〕【軽はずみ】

[名・形動]
その時のはずみで、深い考えもなしに言ったり、したりすること。また、そのさま。軽率(けいそつ)。「軽はずみな行い」「軽はずみにしゃべるな」
ちょっとしたこと。軽妙なこと。また、そのさま。
「―なる咄のあるも、人みな聞き伝へて」〈浮・好色盛衰記〉

かろ‐はずみ〔‐はづみ〕【軽はずみ】

[名・形動]かるはずみ」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かるはずみ【軽はずみ】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
よく考えないで調子に乗って物事をする・こと(さま)。軽率。 「 -な行動」
軽妙なさま。 「此所に-なる咄しの有も、人皆聞つたへて/浮世草子・好色盛衰記 2

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

軽はずみの関連情報