呵呵大笑(読み)かかたいしょう

四字熟語を知る辞典「呵呵大笑」の解説

呵呵大笑

からからと大声をあげて笑うこと。

[活用] ―する。

[使用例] ああ氷獄の中に白骨を負うて々大笑するを面白しとは思さぬか森田草平煤煙|1909]

[使用例] 話が滑稽に違いないから、恐縮の色は見せつつも呵々大笑している[尾崎一雄*なめくぢ横町|1949]

[解説] 「呵呵」は大声で笑う意味。「大笑」は大いに笑うこと、大笑いすること。古くは「かかだいしょう」とも。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「呵呵大笑」の解説

かか‐たいしょう ‥タイセウ【呵呵大笑】

〘名〙 (古くは「かかだいしょう」) からからと大声をあげて笑うこと。
※中華若木詩抄(1520頃)上「そこで呵々大笑して、別れた也」
※蛻巖先生答問書(1751‐64か)下「丈夫なる長老は出不申候、呵々大笑」 〔閭丘胤交‐寒山子詩・序〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「呵呵大笑」の解説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android