呵呵大笑(読み)カカタイショウ

デジタル大辞泉の解説

かか‐たいしょう〔‐タイセウ〕【××呵大笑】

[名](スル)からからと大声で笑うこと。「腹の底から呵呵大笑する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かかたいしょう【呵呵大笑】

( 名 ) スル
大声でからからと笑うこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かか‐たいしょう ‥タイセウ【呵呵大笑】

〘名〙 (古くは「かかだいしょう」) からからと大声をあげて笑うこと。
※中華若木詩抄(1520頃)上「そこで呵々大笑して、別れた也」
※蛻巖先生答問書(1751‐64か)下「丈夫なる長老は出不申候、呵々大笑」 〔閭丘胤交‐寒山子詩・序〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダイバーシティ

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

呵呵大笑の関連情報