コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大浦[町] おおうら

2件 の用語解説(大浦[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

大浦[町]【おおうら】

鹿児島県薩摩半島南西部,川辺(かわなべ)郡の旧町。茶栽培が盛んで,米の早期栽培行われるポンカンを特産。海岸は大規模な干拓地。亀ヶ丘は吹上浜を望む景勝地。2005年11月,加世田市,川辺郡笠沙町,坊津町,日置郡金峰町と合併し市制,南さつま市となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

おおうら【大浦[町]】

鹿児島県南西部,川辺郡の町。人口3236(1995)。薩摩半島から東シナ海に突き出る野間半島の付け根に位置する。東に長尾山,南に磯間嶽,西に入谷・亀ヶ丘の連山と三方を山に囲まれ,その間を大浦川が北流して東シナ海に注ぐ。遠浅の大浦湾では,1963年に県営越路干拓事業,65年に国営大浦干拓事業が完工した。基幹産業は農業で,〈走り新茶日本一〉として知られる茶の栽培のほか,ポンカン,畜産にも力が注がれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大浦[町]の関連キーワード鹿児島県鹿児島大学鹿児島南さつま南九州海童川辺やすらぎの郷きばいやんせ冴金

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone