大菩薩峠(読み)だいぼさつとうげ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大菩薩峠(中里介山の小説)
だいぼさつとうげ

中里介山(なかざとかいざん)の長編小説。1913年(大正2)9月から翌年2月までの『都(みやこ)新聞』連載を皮切りに、いくつかの新聞に連載、あるいは書き下ろしの形で出版したが、44年(昭和19)作者の死により未完。時代は幕末、剣法音無しの構えの名手机龍之助(つくえりゅうのすけ)が、武州(東京都下)御嶽(みたけ)山の奉納試合で宇津木文之丞(うつぎぶんのじょう)をうち殺し、文之丞の妻お浜を連れて江戸に逃げ、文之丞の弟兵馬(ひょうま)が敵討(かたきうち)に出て、彼をねらうところから物語が展開する。龍之助はお浜を斬(き)り、新徴組に入って京都に行くが、さらに大和(やまと)(奈良県)で天誅(てんちゅう)組に参加、十津川(とつがわ)の戦いで火薬のために失明、盲目の剣士としてのニヒルな凄(すご)みが加わる。以後、舞台はいっそう広がり、登場人物も数十人に増え、話の筋もいくつかのものが織り込まれ、人間世界の複雑に流転してゆく姿が描かれる。龍之助という否定的な、しかし不思議な人間像を造型した功績は大きく、後の大衆文学の主人公の形象に深い影響を与えている。[竹盛天雄]
『『大菩薩峠』全12巻(1979・筑摩書房) ▽『大菩薩峠』全20巻(富士見書房・富士見時代小説文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大菩薩峠の関連情報