コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天賦人権論[日本] てんぷじんけんろんにほん

1件 の用語解説(天賦人権論[日本]の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天賦人権論[日本]
てんぷじんけんろんにほん

明治初期の啓蒙主義者,民権論者によって,広く主張された自由主義的人権思想であったが,民権運動発展の過程を通して理論的に純化され,西欧的な自然権思想と変らないものとなった。加藤弘之が 1882年『人権新説』で天賦人権を虚妄と論じたことから「天賦人権論争」が生じたが,植木枝盛は,『天賦人権弁』 (1883) において,人権を自然権の概念によって把握しようとした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天賦人権論[日本]の関連キーワードゾンネンフェルス民権論自由民権論主義者リアリスト擬古典主義民間雑誌啓蒙主義啓蒙主義的個人主義スコットランド啓蒙主義

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone