天賦人権論[西洋](読み)てんぷじんけんろん[せいよう]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「天賦人権論[西洋]」の意味・わかりやすい解説

天賦人権論[西洋]
てんぷじんけんろん[せいよう]

人は生れながらにして人間としての不可侵,不可譲の権利を有しているとする思想で,17~18世紀の社会契約説基調となっていた。バージニア権利宣言,アメリカ独立宣言フランス人権宣言などはこの思想に基づく。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

黄砂

中国のゴビ砂漠などの砂がジェット気流に乗って日本へ飛来したとみられる黄色の砂。西日本に多く,九州西岸では年間 10日ぐらい,東岸では2日ぐらい降る。大陸砂漠の砂嵐の盛んな春に多いが,まれに冬にも起る。...

黄砂の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android