コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

妙宣寺 みょうせんじ

百科事典マイペディアの解説

妙宣寺【みょうせんじ】

新潟県佐渡市真野(まの)にある日蓮宗独立本山。阿仏房(あぶつぼう)と通称。日蓮(にちれん)の佐渡配流中に帰依して,監視の中で夜中に食事を運ぶなど外護した阿仏房日得(にっとく)と妻千日尼が住居を寺としたという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みょうせんじ【妙宣寺】

新潟県佐渡郡真野町にある日蓮宗の寺。蓮華王山と号し,阿仏房と通称する。日蓮の佐渡流謫中その信奉者になった阿仏房日得の旧跡を,その曾孫で日興(につこう)の弟子であった日満が寺としたと伝える。日満は日興から佐渡国の法華衆の棟梁とされており,ここを拠点として弘通(ぐつう)していった。現在地に移ったのは1589年(天正17)で,このとき阿仏房の旧称から妙宣寺に改めたという。日蓮の書状正中(しようちゆう)の変で佐渡に流謫された日野資朝筆の細字法華経(ともに重要文化財)を蔵する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

妙宣寺の関連キーワード金を中心とする佐渡鉱山の遺産群新潟県佐渡市真野真野(新潟県)真野[町]

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

妙宣寺の関連情報