コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山手[村] やまて

1件 の用語解説(山手[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

やまて【山手[村]】

岡山県南部,都窪(つくぼ)郡の村。人口3856(1995)。岡山,倉敷,総社の3市に接し,岡山平野の一角をなす。遺跡や史跡が多く,北隣の総社市とともに吉備文化の中心といわれ,村名は古代国府のあった総社市からみて山の方に位置していたことに由来する。北部を東西に旧山陽道が通る。農業が基幹産業で,米作,施設園芸イグサ栽培を中心とするが,近年は都市近郊型農業の比重が増し,特にセロリの産が多い。備中国分尼寺跡(史),福山城跡があり,吉備路風土記の丘県立自然公園に含まれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone