コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島原[市] しまばら

百科事典マイペディアの解説

島原[市]【しまばら】

長崎県島原半島東部の市。1940年市制。島原湾に臨む中心市街は松平氏7万石の城下町,港町として発展。古くから豊富な湧(ゆう)水を利用する染色などの小工業が興ったが,現在は食品加工,酒造が盛ん。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しまばら【島原[市]】

長崎県南東部,島原半島東岸,島原湾に臨む市。雲仙岳の側火山眉山(まゆやま)(819m)東麓に発達した扇状地上に立地する。1940年市制。人口4万0778(1995)。島原鉄道,国道251号線が通じる。島原藩の城下町として発展し,1964年に五層の天守閣を復元した島原(森岳(もりたけ))城の堀端から大手にかけて,市役所などの官公署や学校が並ぶ。大手より南へは,アーケードを備えた万町,中堀町の商店街がつづく。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

島原[市]の関連キーワード雲仙天草国立公園

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android