コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川越[町] かわごえ

百科事典マイペディアの解説

川越[町]【かわごえ】

三重県北部,桑名市四日市市にはさまれた伊勢湾に臨む三重郡の町。伊勢湾臨海工業地域の一部をなし,食品,繊維,機械器具などの工業が行われる。近鉄名古屋線が通じる。
→関連項目川越[発電所]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かわごえ【川越[町]】

三重県北東部,三重郡の町。人口1万0863(1995)。町の大部分は朝明・町屋両川の沖積低地にあり,北は町屋川を隔てて桑名市,南は四日市市に隣接し,東は伊勢湾に面する。古くは農漁業が中心であったが,近年工場誘致に成功し,北勢工業地域の一部として変貌を遂げている。食料品,機械工業が主で,地元資本の中小工場が多い。1959年の伊勢湾台風で大被害を受けた後,海面埋立工事で約170万m2の工業用地が造成された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android