コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御坊[市](読み)ごぼう

百科事典マイペディアの解説

御坊[市]【ごぼう】

和歌山県西部,日高川下流部を占める市。1954年市制。中心市街は古くは河港熊野街道渡船場,1595年の本願寺別院(日高御坊)建立後はその門前町として栄えた。明治以後筏(いかだ)流しによる木材集散,製材が発達したが,近年は道路輸送に代わり不振。1985年火力発電所ができ,木材加工とプラスチック加工の工場が立地,工業団地の造成も進む。米のほかエンドウを特産。紀勢本線紀州鉄道,阪和自動車道が通じる。43.91km2。2万6111人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ごぼう【御坊[市]】

和歌山県中西部,日高川河口にある市。1954年御坊町と湯川,藤田,野口,名田,塩屋の5村が合体,市制。人口2万8510(1995)。県第二の広さをもつ日高平野(御坊平野)の大部分を占める。御坊の名は,1595年(文禄4)日高川河口に4町四方の土地を得てつくられた日高御坊(浄土真宗本願寺派本願寺日高別院)を中心とする寺内町に由来する。近世には,流域からいかだによって集められた木材や周辺農村で産する綿花,ハゼ,カンショなどの集散地として発達した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android