コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

志賀[町] しか

4件 の用語解説(志賀[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

志賀[町]【しか】

石川県北部,能登半島西岸の羽咋(はくい)郡の町。中心集落は高浜で,瓦を特産。漁港安部屋(あべや)は近世北前船の港,安部屋布産地として栄えた。海岸には景勝の能登金剛があり,能登半島国定公園に含まれる。

志賀[町]【しが】

滋賀県西部,滋賀郡の旧町。琵琶湖に臨み,湖西(こせい)線,湖西道路が通じる。西部は比良山地。農業を営む。湖岸に近江(おうみ)舞子などの水泳場があり,琵琶湖国定公園に属する。
→関連項目和邇

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しか【志賀[町]】

石川県北部,羽咋(はくい)郡の町。人口1万6425(1995)。能登半島の西岸に位置し,於古川,米町(こんまち)川沿いに沖積低地が広がり,合流点に市街地が発達する。中央部の福野平野はかつての潟湖が陸化したものである。中心集落の高浜町は若狭の小浜,高浜の漁師が移住して形成された集落で,商店や工場が多く,周辺バス交通の中心となっている。農業が基幹産業で,米作を中心にスイカ,柿の栽培が行われる。南部の丘陵地では瓦を生産する。

しが【志賀[町]】

滋賀県西部,滋賀郡の町。人口1万9242(1995)。琵琶湖の西岸に位置し,西部には比良山地の山々が連なる。急峻な比良山地を源とする小河川が複合扇状地をつくり,白砂青松の湖岸が形成されている。山林が町域の7割を占め,集落は湖岸と国道161号線,湖西道路沿いに分布する。農業は米作を中心とし,花木や野菜の栽培も行われる。1974年の湖西線の開通によって京都の通勤圏に入ったことから,民間企業による住宅地開発が進んでいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の志賀[町]の言及

【和邇】より

…滋賀県滋賀郡志賀町南部の地名。和邇川が比良山系から琵琶湖にそそぐ一帯。…

※「志賀[町]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

志賀[町]の関連キーワード堅田滋賀県滋賀医科大学滋賀県立大学伊万里武雄滋賀滋賀浦滋賀の都滋賀山

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone