コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

打(ち)上げる/打(ち)揚げる ウチアゲル

デジタル大辞泉の解説

うち‐あ・げる【打(ち)上げる/打(ち)揚げる】

[動ガ下一][文]うちあ・ぐ[ガ下二]
空高く上げる。「外野フライを―・げる」「ロケットを―・げる」
波が物を岸辺に運び上げる。また、波が打ち寄せて岸に上がる。「浜に―・げられた海藻」「次々と大波が―・げてくる」
《太鼓を打ち終える意から》芝居や相撲などの興行を終える。「当地の興行は明日で―・げる」
《手を打ち、歌をうたうところから》宴会をする。
「七日七夜(なぬかななよ)とよのあかりして―・げ遊ぶ」〈宇津保・藤原の君〉

㋐上げる。また、勢いよく上げる。
「若き人のある、まづおりて簾(すだれ)―・ぐめり」〈・宿木〉
㋑射ようとして、弓を高く差し上げる。
「弓―・げて、引かんとする所に」〈曽我・八〉
㋒声を張り上げる。
「我も声を―・げて」〈堤・虫めづる姫君

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

打(ち)上げる/打(ち)揚げるの関連キーワードアトラスセントールロケットヨーロッパ宇宙機関月・火星探査構想デルタロケット原子力ロケット宇宙センターペリジモータ多段ロケット長征ロケットバロンデセアポロ計画遷移軌道軍事衛星打上波宇宙葬拳銃姫君

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android