コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

打(ち)上げる/打(ち)揚げる ウチアゲル

1件 の用語解説(打(ち)上げる/打(ち)揚げるの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うち‐あ・げる【打(ち)上げる/打(ち)揚げる】

[動ガ下一][文]うちあ・ぐ[ガ下二]
空高く上げる。「外野フライを―・げる」「ロケットを―・げる」
波が物を岸辺に運び上げる。また、波が打ち寄せて岸に上がる。「浜に―・げられた海藻」「次々と大波が―・げてくる」
《太鼓を打ち終える意から》芝居や相撲などの興行を終える。「当地の興行は明日で―・げる」
《手を打ち、歌をうたうところから》宴会をする。
「七日七夜(なぬかななよ)とよのあかりして―・げ遊ぶ」〈宇津保・藤原の君〉

㋐上げる。また、勢いよく上げる。
「若き人のある、まづおりて簾(すだれ)―・ぐめり」〈・宿木〉
㋑射ようとして、弓を高く差し上げる。
「弓―・げて、引かんとする所に」〈曽我・八〉
㋒声を張り上げる。
「我も声を―・げて」〈堤・虫めづる姫君

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

打(ち)上げる/打(ち)揚げるの関連キーワード織り上げる焦げる脱げる塞げる捥げる挿げる煮上げる打ち上げる擡げる安らげる

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone