コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

掻く カク

デジタル大辞泉の解説

か・く【×掻く】

[動カ五(四)]
指先やつめ、またはそれに似たもので物の表面を強くこする。「かゆい所を―・く」
手やそれに似たものであたり一帯にある物を引き寄せたり押しのけたりする。「雪を―・く」「手で水を―・いて進む」
刃物を手前に引いて切り取る。「寝首を―・く」
刃物を押し当てて細かく削りとる。「氷を―・く」「かつおぶしを―・く」
箸(はし)などですばやく混ぜ合わせて粘液状の物にする。「からしを―・く」
犂(すき)などで田畑を耕す。「苗代を―・く」
あまり好ましくないものを表面にだす。
㋐恥などを身に受ける。「赤っ恥を―・く」
㋑涙や汗などをからだの外に出す。「寝汗を―・く」「べそを―・く」
㋒いびきを立てる。「高いびきを―・く」
「…する」をののしっていう語。「欲を―・くな」
琴などの弦をつめなどではじくようにする。掻き鳴らす。
「ただ少し―・き出でたる、大殿(おとど)のうちひびきみちていみじきを」〈宇津保・俊蔭〉
10 指先を物に食い込ませるようにしてつかまる。とりすがる。
「梯(はし)立ての倉椅(くらはし)山を嶮(さが)しみと岩―・きかねてわが手取らすも」〈・下〉
11 髪をくしけずる。
「目に髪のおほへるを―・きはやらで」〈・一五一〉
12 飯などを急いで食べる。かっこむ。
「猫殿、ただ―・き給え」〈盛衰記・三三〉
13 手を振って合図する。
「『あなかま』と、手―・くものから」〈・夕顔〉
[可能]かける
[下接句]汗をかく頭を掻く裏をかく靴を隔てて痒(かゆ)きを掻く垢離(こり)を掻く裾(すそ)を掻く寝首を掻く恥を掻く冷や汗をかく吠(ほ)え面(づら)をかく・麻姑(まこ)痒(かゆ)きを掻く・眉根(まよね)掻く

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

掻くの関連キーワードプリング・オフ[pulling off]シタール [sitar(ヒンディー)]同音語のアクセント紺屋(こうや)うっ滞性皮膚炎図画工作科教育麻姑痒きを掻くチェンバロ貨幣状湿疹じんま疹あおり足昆虫刺症眉根掻く尾崎迷堂ブレード孫の手臍炎書く踠く

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

掻くの関連情報