コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

掻く カク

1件 の用語解説(掻くの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

か・く【×掻く】

[動カ五(四)]
指先やつめ、またはそれに似たもので物の表面を強くこする。「かゆい所を―・く」
手やそれに似たものであたり一帯にある物を引き寄せたり押しのけたりする。「雪を―・く」「手で水を―・いて進む」
刃物を手前に引いて切り取る。「寝首を―・く」
刃物を押し当てて細かく削りとる。「氷を―・く」「かつおぶしを―・く」
箸(はし)などですばやく混ぜ合わせて粘液状の物にする。「からしを―・く」
犂(すき)などで田畑を耕す。「苗代を―・く」
あまり好ましくないものを表面にだす。
㋐恥などを身に受ける。「赤っ恥を―・く」
㋑涙や汗などをからだの外に出す。「寝汗を―・く」「べそを―・く」
㋒いびきを立てる。「高いびきを―・く」
「…する」をののしっていう語。「欲を―・くな」
琴などの弦をつめなどではじくようにする。掻き鳴らす。
「ただ少し―・き出でたる、大殿(おとど)のうちひびきみちていみじきを」〈宇津保・俊蔭〉
10 指先を物に食い込ませるようにしてつかまる。とりすがる。
「梯(はし)立ての倉椅(くらはし)山を嶮(さが)しみと岩―・きかねてわが手取らすも」〈・下〉
11 髪をくしけずる。
「目に髪のおほへるを―・きはやらで」〈・一五一〉
12 飯などを急いで食べる。かっこむ。
「猫殿、ただ―・き給え」〈盛衰記・三三〉
13 手を振って合図する。
「『あなかま』と、手―・くものから」〈・夕顔〉
[可能]かける
[下接句]汗をかく頭を掻く裏をかく靴を隔てて痒(かゆ)きを掻く垢離(こり)を掻く裾(すそ)を掻く寝首を掻く恥を掻く冷や汗をかく吠(ほ)え面(づら)をかく・麻姑(まこ)痒(かゆ)きを掻く・眉根(まよね)掻く

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

掻くの関連キーワードカワヤツメスナヤツメ夏めくやつめさすがさつ・く小突く爪弾くにやつ・く冷つくもやつ・く

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

掻くの関連情報