揖保川(読み)いぼがわ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

揖保川(川)
いぼがわ

兵庫県西部を南流する河川。宍粟(しそう)市、養父(やぶ)市の境にある藤無山(ふじなしやま)に発し、ほぼ直線状に南下して、姫路(ひめじ)市網干(あぼし)で播磨灘(はりまなだ)に注ぐ。一級河川。延長70キロメートル。流域面積810平方キロメートル。上流では播但(ばんたん)山地を開析して福知渓谷などを刻み、引原(ひきはら)川との合流付近から谷底平野を広げて、宍粟市山崎、たつの市新宮、龍野(たつの)の市街地を発達させ、下流では複合三角州を形成して姫路平野の一部となる。かつては上流では木材の筏(いかだ)流しがあり、舟運は山崎まで高瀬舟が往来し、ことに龍野しょうゆの原料や製品の輸送でにぎわった。[大槻 守]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

揖保川の関連情報