コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

服制 フクセイ

デジタル大辞泉の解説

ふく‐せい【服制】

衣服に関することを定めた制度

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ふくせい【服制】

衣服に関する制度,規制をいう。
中国
 中国では,広義には服装全般にわたる規定をいうが,ひと口に服装といっても,腰から上の着物である〈衣〉,腰から下の〈裳(しよう)〉(男女共用のスカート状のもの,したばかま)のみならず,〈冕(べん)〉(かんむり),帯,履物,装飾品など,要するに身につけるいっさいのものにおよぶ。狭義には喪服(もふく)および服喪に関する規定をいう。いずれにせよ,中国において服装は〈体系のなかに組み込まれ,その一翼をになうものであって,実用性にとどまらずシンボリックな意味を付与されていた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ふくせい【服制】

衣服について定めた規則。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

服制の関連キーワード関根 正直針(道具)山科 言縄南紀徳川史屋代弘賢髙野光希民族衣装五等親制山科言縄閻魔王倹約令装飾品履き物朝鮮服被り物カイヤ五服制集議院五等親鎧直垂

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android