コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森田[村] もりた

1件 の用語解説(森田[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

もりた【森田[村]】

青森県西部,西津軽郡の村。人口5032(1995)。津軽平野の西部に位置し,南西部は岩木山北麓の丘陵地,北東部は沖積地である。沖積地は寛文年間(1661‐73)から元禄年間(1688‐1704)にかけて弘前藩により開田され,気候条件にも恵まれて穀倉地帯となった。丘陵部には狄ヶ館(えぞがたて)溜池,小戸六(こどろく)溜池など水田灌漑用の溜池が多い。この地区の山田野は旧陸軍の演習地で,第2次大戦後に開拓された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

森田[村]の関連キーワード芦屋[市]

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone