横須賀[市](読み)よこすか

百科事典マイペディアの解説

横須賀[市]【よこすか】

神奈川県南東部の市。1907年市制三浦半島中央部を占め,浦賀久里浜地区を含む。東京湾に臨む中心市街は横須賀港の港湾都市として発達,1865年幕府が洋式造船所を着工,1877年海軍港に指定され,鎮守府や工廠などの海軍施設が増加,内陸には東京湾要塞(ようさい)関係の陸軍施設が設置された。現在も米海軍と自衛隊の基地,防衛大学校があり軍事的性格が強い。追浜(おっぱま),田浦地区の自動車,浦賀地区の造船のほか食品・機械工業の大工場があり,1兆6791億円(2003)の製造品出荷額を上げている。横須賀港は1948年貿易港に指定され,小川地区に1974年新港が完成し,自動車の輸出などに利用されている。横須賀線,京浜急行電鉄本線・久里浜線が通じ,久里浜・浦賀地区には1960年代から大規模な住宅団地が造成された。観音崎衣笠公園,三浦按針(W.アダムズ)の墓(史跡)がある。100.83km2。41万8325人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

よこすか【横須賀[市]】

神奈川県南部,三浦半島の大部分を占める市。浦賀水道をはさんで房総半島に対する。1907年横浜市に次いで県内2番目に市制をしき,1933年海軍からの要請で,隣接の田浦町,衣笠(きぬかさ)村を合併,その後も久里浜村,逗子町,浦賀町などを合併して市域を拡大し,第2次大戦後,50年に逗子が分離・独立し,現在の市域となった。人口43万2193(1995)。 海岸線屈曲に富むことから良港が多く,古くから漁業と水運が盛んであった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の横須賀[市]の言及

【三浦半島】より

…北帯には円海山,天台山,鷹取山などがあり,中帯には二子山,畠山,南帯に半島の最高所大楠(おおぐす)山(241m),武山,富士山がある。半島の海岸線は屈曲に富み,東京湾岸には長浦湾,横須賀湾,浦賀水道には浦賀湾があり,いずれも良港となっている。相模湾岸には北から鎌倉,逗子,葉山と続く砂浜海岸があって良好な海水浴場となり,南端の三崎台地の西岸には小網代(こあじろ),油壺,諸磯(もろいそ)の小湾入が溺れ谷の地形を示し,ヨットハーバーとなっている。…

※「横須賀[市]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android