コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水沢[市](読み)みずさわ

百科事典マイペディアの解説

水沢[市]【みずさわ】

岩手県南部の旧市。1954年市制。中部を北上川が南流,県の穀倉地帯をなし,米,野菜,リンゴを多産。東北本線,東北新幹線,東北自動車道が通じる。市街は伊達氏の家臣留守氏の城下町として発達,高野長英後藤新平を輩出,胆沢(いさわ)川扇状地を開拓した後藤寿庵の館跡も残る。鋳物,農機具を産し,南部鉄瓶を特産。胆沢(いさわ)城跡(史跡),黒石寺正法寺高野長英旧宅(史跡),水沢緯度観測所(現,国立天文台水沢観測センター)がある。2月の黒石寺での蘇民祭,4月の日高神社の火除祭が有名。2006年2月,江刺市,胆沢郡前沢町,胆沢町,衣川村と合併し市制,奥州市となる。96.92km2。6万431人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みずさわ【水沢[市]】

岩手県北上盆地の中南部にある市。1954年市制。人口6万0026(1995)。中央部を北上川が南流し,西部は奥羽山脈から東流する胆沢(いさわ)川がつくった胆沢扇状地が広がり,扇端は崖状をなして北上低地に臨む。803年(延暦22)坂上田村麻呂佐倉河胆沢城を築き,東北経営の基地とした。近世には水沢に伊達氏の支藩が置かれ,寛永期(1624‐44)伊達氏の家臣留守氏が臥牛(がぎゆう)城に居住し,その城下町として発展,幕末から明治にかけて高野長英,箕作(みつくり)省吾,後藤新平,斎藤実などの人材が輩出している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android