コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渡る/渉る ワタル

1件 の用語解説(渡る/渉るの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

わた・る【渡る/渉る】

[動ラ五(四)]
間を隔てているものの一方から他方へ越えていく。「浅瀬を歩いて―・る」「橋を―・る」「廊下を―・る」
船や飛行機で海外へ行く。また、海外から来る。鳥が繁殖地と越冬地の間をいききすることもいう。「アメリカに―・る」「ツバメの―・ってくる季節」
通り過ぎていく。「木々を―・る風」「時雨(しぐれ)が―・る」
あちらこちらと動いていく。わたりあるく。「方々の店を―・ってくる」
(「亘る」とも書く)ある範囲にまで及ぶ。また、広く通じる。「関東一円に―・って被害がでた」「彼の知識は古今東西に―・っている」
ある事柄にかかわりをもつ。関係する。「私事に―・って恐縮です」
ある時間・期間とぎれずに引き続く。「長時間に―・って論議する」「十年に―・る大工事」
世の中を生きていく。暮らす。「世の中を巧みに―・る」
他の人の所有物となる。「家屋敷が人手に―・る」
10 配られて、ある範囲全体に届く。ゆきわたる。「資料が出席者全員に―・る」
11 相撲で、双方互角に組む。「四つに―・る」
12 一方から他方へ移動する。行く、または、来る。
「御みづからも―・り給へり」〈・澪標〉
13 (中世以降、「せ給ふ」「せおはします」などと共に用いて)「ある」「居る」の尊敬語。おありになる。いらっしゃる。補助動詞としても用いる。
「法皇、都の内にも―・らせ給はず」〈平家・七〉
「御ゆづりは此の宮にてこそ―・らせおはしましさぶらはめ」〈平家・八〉
14 (動詞の連用形に付いて)一面に、また、広く…する。また、…しつづける。「晴れ―・る」「鳴り―・る」「行き―・る」「さえ―・る」
[可能]わたれる
[下接句]危ない橋を渡る石橋を叩(たた)いて渡る負うた子に教えられて浅瀬を渡る剃刀(かみそり)の刃を渡る人手に渡る世を渡る

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

渡る/渉るの関連キーワード垣根中垣掘る間引く御簾を隔てて高座を覗く物越し懸隔てる靴を隔てて痒きを掻く屏障隔ての関

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone