コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渡る/渉る ワタル

デジタル大辞泉の解説

わた・る【渡る/渉る】

[動ラ五(四)]
間を隔てているものの一方から他方へ越えていく。「浅瀬を歩いて―・る」「橋を―・る」「廊下を―・る」
船や飛行機で海外へ行く。また、海外から来る。鳥が繁殖地と越冬地の間をいききすることもいう。「アメリカに―・る」「ツバメの―・ってくる季節」
通り過ぎていく。「木々を―・る風」「時雨(しぐれ)が―・る」
あちらこちらと動いていく。わたりあるく。「方々の店を―・ってくる」
(「亘る」とも書く)ある範囲にまで及ぶ。また、広く通じる。「関東一円に―・って被害がでた」「彼の知識は古今東西に―・っている」
ある事柄にかかわりをもつ。関係する。「私事に―・って恐縮です」
ある時間・期間とぎれずに引き続く。「長時間に―・って論議する」「十年に―・る大工事」
世の中を生きていく。暮らす。「世の中を巧みに―・る」
他の人の所有物となる。「家屋敷が人手に―・る」
10 配られて、ある範囲全体に届く。ゆきわたる。「資料が出席者全員に―・る」
11 相撲で、双方互角に組む。「四つに―・る」
12 一方から他方へ移動する。行く、または、来る。
「御みづからも―・り給へり」〈・澪標〉
13 (中世以降、「せ給ふ」「せおはします」などと共に用いて)「ある」「居る」の尊敬語。おありになる。いらっしゃる。補助動詞としても用いる。
「法皇、都の内にも―・らせ給はず」〈平家・七〉
「御ゆづりは此の宮にてこそ―・らせおはしましさぶらはめ」〈平家・八〉
14 (動詞の連用形に付いて)一面に、また、広く…する。また、…しつづける。「晴れ―・る」「鳴り―・る」「行き―・る」「さえ―・る」
[可能]わたれる
[下接句]危ない橋を渡る石橋を叩(たた)いて渡る負うた子に教えられて浅瀬を渡る剃刀(かみそり)の刃を渡る人手に渡る世を渡る

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

渡る/渉るの関連キーワード負うた子に教えられるチロリアンブリッジ抜き手を切るタイトロープ高梁川舟唄イワツバメ特牛・特負四つに組む三途の川太鼓医者沖渡り法恐る恐る年魚市潟手に渡る世を送る新天地谷渡り火渡り天の戸渡天僧

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android