コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

滴る/瀝る シタタル

デジタル大辞泉の解説

した‐た・る【滴る/×瀝る】

[動ラ五(四)]《「下垂る」の意。古くは「しただる」とも》
水などが、しずくになって垂れ落ちる。「血が―・る」
美しさや鮮やかさがあふれるばかりに満ちている。「も―・るいい男」「緑―・る草原

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

したたる【滴る】

( 動五[四] )
〔近世初め頃まで「しただる」〕
液体がしずくとなって落ちる。垂れる。 「岩の割れ目から-・る水」 「汗が-・り落ちる」
みずみずしさなどがあふれるばかりである。 「緑-・る若葉の候」 〔「滴したつ」に対する自動詞〕
[慣用] 水の-よう

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

滴る/瀝るの関連キーワードチスイコウモリシラカワ夜フネ「憫農」李紳エプステイン水の滴るようハイヌウェレ世紀末思潮円卓の騎士長谷川一夫タヌキランアラック提坂笑加聖杯伝説水も滴る自動詞枕慈童松の露岩清水割れ目しずく

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android