コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

滴る/瀝る シタタル

デジタル大辞泉の解説

した‐た・る【滴る/×瀝る】

[動ラ五(四)]《「下垂る」の意。古くは「しただる」とも》
水などが、しずくになって垂れ落ちる。「血が―・る」
美しさや鮮やかさがあふれるばかりに満ちている。「も―・るいい男」「緑―・る草原

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

したたる【滴る】

( 動五[四] )
〔近世初め頃まで「しただる」〕
液体がしずくとなって落ちる。垂れる。 「岩の割れ目から-・る水」 「汗が-・り落ちる」
みずみずしさなどがあふれるばかりである。 「緑-・る若葉の候」 〔「滴したつ」に対する自動詞〕
[慣用] 水の-よう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android