白子(医学)(読み)しろこ

百科事典マイペディア「白子(医学)」の解説

白子(医学)【しろこ】

しらこ,アルビノとも。先天性白皮症のこと。メラニン色素が先天的に欠乏する疾患。劣性遺伝。限局性と汎発性のものとがある。後者がいわゆる白子で,毛髪は,白髪または金髪,虹彩(こうさい)や脈絡膜の色素も欠き,瞳孔(どうこう)は淡紅で,光をまぶしく感じる。爪(つめ)・歯の奇形その他の発育障害を伴うこともある。治療法はない。動物ではシロウサギ,ダイコクネズミシロヘビなどがよく知られ,それぞれアナウサギ,ドブネズミ,アオダイショウの白子(白化型)である。いずれも赤い眼を特徴とする。
→関連項目白髪

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android