コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

直入[町](読み)なおいり

百科事典マイペディアの解説

直入[町]【なおいり】

大分県南西部,直入郡の旧町。大分川の支流芹川(せりかわ)上流域を占め,谷底平野では米作,山麓の原野では肉牛の飼育が盛ん。ホウレンソウなどの野菜栽培も盛ん。シイタケを特産する。河畔にある主集落長湯は長湯温泉の温泉町。芹川ダムがある。2005年4月直入郡町,久住町と竹田市へ編入。83.83km2。2905人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

なおいり【直入[町]】

大分県南西部,直入郡の町。人口2954(1995)。九重山東麓,大分川支流の芹(せり)川流域に位置し,南部は竹田市に接する。中心の長湯は芹川に臨む温泉(重炭酸土類泉,45~50℃)の町である。古くは隣接する久住町の一部を含めて朽網(くたみ)郷と呼ばれた。天文年間(1532‐55)にはキリスト教の布教が進み,領主朽網氏以下信者は約300人を数え,豊後府内(現,大分市)などとともに全国有数の布教区の一つであった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android