コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

直入[町] なおいり

2件 の用語解説(直入[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

直入[町]【なおいり】

大分県南西部,直入郡の旧町。大分川の支流芹川(せりかわ)上流域を占め,谷底平野では米作,山麓の原野では肉牛の飼育が盛ん。ホウレンソウなどの野菜栽培も盛ん。シイタケを特産する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

なおいり【直入[町]】

大分県南西部,直入郡の町。人口2954(1995)。九重山東麓,大分川支流の芹(せり)川流域に位置し,南部は竹田市に接する。中心の長湯は芹川に臨む温泉(重炭酸土類泉,45~50℃)の町である。古くは隣接する久住町の一部を含めて朽網(くたみ)郷と呼ばれた。天文年間(1532‐55)にはキリスト教の布教が進み,領主朽網氏以下信者は約300人を数え,豊後府内(現,大分市)などとともに全国有数の布教区の一つであった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

直入[町]の関連キーワード大分川竹田君津羽島美浜みなべ朝倉親為中川潜叟古庄敬一郎打猨

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone