コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真鶴[町] まなづる

百科事典マイペディアの解説

真鶴[町]【まなづる】

神奈川県南西部,足柄下(あしがらしも)郡の町。中心の真鶴港は,相模湾に臨む真鶴岬基部にある。石材採掘が有名で,京浜方面などへ搬出される。柑橘(かんきつ)類の栽培,ブリ漁獲なども行われる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

まなづる【真鶴[町]】

神奈川県南西部,足柄下郡の町。人口9606(1995)。箱根火山溶岩流によって形成され,相模湾に突出する真鶴半島(真鶴岬)を占める。黒潮の影響により四季を通じて温暖で,保養地として発展している。中心集落の真鶴は真鶴半島の頸部にあり,相模湾西岸でも有数の漁港である。ブリ,アジ,サバなど沖合定置網漁業が主体であるが,1960年代後半にブリの漁獲高が激減し,近年はアワビサザエなどの養殖や釣客相手の一本釣りの観光漁業が盛んになっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android