立川(読み)たちかわ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

立川(山形県)
たちかわ

山形県北西部、東田川郡にあった旧町名(立川町(まち))。現在は庄内(しょうない)町の中部から南部を占める地域。旧立川町は、1954年(昭和29)狩川(かりかわ)町と立谷沢(たちやざわ)、清川(きよかわ)の2村が合併して成立。2005年(平成17)余目町(あまるめまち)と合併して、庄内町となった。北部は最上(もがみ)川が最上峡から出て形成した庄内平野の一部を占め、南部は月山(がっさん)北麓(ほくろく)の立谷沢川の河谷が開けるが、地域の大部分は山地が占める。稲作中心の農業地域。JR陸羽西線、国道47号、345号が通じる。春から秋にかけて最上峡から吹き出す強風の「清川ダシ」によって、しばしば農作物に被害を受けてきたが、近年はこれを利用した風力発電への実用化が行われている。中心地の狩川は北楯大堰(きただておおぜき)を開削した最上義光(よしみつ)の部将北楯大学利長の居城地で、庄内平野東部の商業地。最上峡出口に位置する清川は最上川舟運の要衝地で関所が置かれ、河岸として発達した。幕末の志士清河八郎の生誕地で記念館がある。[中川 重]
『『立川町史』上下(2000~2004・立川町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

立川の関連情報