立川[町](読み)たちかわ

百科事典マイペディアの解説

立川[町]【たちかわ】

山形県北西部,東田川(ひがしたがわ)郡の旧町。大半は最上川の支流立谷沢(たちやざわ)川の流域で,北端の庄内平野部に中心の狩川があり陸羽西(りくうさい)線が通じる。慶長年間北館大学によりつくられた灌漑(かんがい)水路が通じ,水田が広がる。南部は月山(がっさん)の山麓で,磐梯朝日国立公園に属する。2005年7月東田川郡余目町と合併し町制庄内町となる。190.82km2。6910人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たちかわ【立川[町]】

山形県中央部,東田川郡の町。人口7511(1995)。最上川が庄内平野に出る地点に位置し,南端の月山より北流して最上川に注ぐ立谷沢(たちやざわ)川の流域を占める。中心集落の狩川は,西境の羽黒山登山の基地で,陸羽西線,国道47号線が走る。北西部の庄内平野地区は米作を主とする農村地帯であるが,南部の山間地は豪雪地帯で人口流出が続き,出稼ぎ者も多い。清川は幕末の志士清川八郎の出身地で,記念館がある。【松原 宏】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android