コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

能登島[町] のとじま

2件 の用語解説(能登島[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

能登島[町]【のとじま】

石川県鹿島(かしま)郡,能登半島七尾湾内の能登島を占める旧町。低平な丘陵性の島で,海岸段丘が発達。米,葉タバコを産する。定置網や養殖などの漁業も盛ん。海水浴,キジ猟でにぎわう。
→関連項目石川[県]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

のとじま【能登島[町]】

石川県北部鹿島郡の町。能登半島中央部東側の七尾湾に浮かぶ能登島全域を占める。人口3517(1995)。能登島は蝦夷(えぞ)島とも呼ばれ,東西約14km,南北約7km,周囲72km,面積47.5km2で,標高100m前後の低山地が全島をおおい,平地に乏しい。沈降により半島と分離したため,湾,岬など出入りが激しい。沿岸に集落が分布し,中心は北湾に面した向田(こうだ)。今は衰退したが,古くから製塩が行われ,古代の製塩遺跡が数多く残されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

能登島[町]の関連キーワード九十九湾七尾湾能登金剛能登島能登半島能登半島国定公園七尾能登輪島見附島

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone