コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

憤る イキドオル

デジタル大辞泉の解説

いきどお・る〔いきどほる〕【憤る】

[動ラ五(四)]
激しく腹を立てる。憤慨する。「無策な行政を―・る」
気持ちがすっきりしないで苦しむ。
「―・る心の内を思ひ延べ」〈・四一五四〉
[可能]いきどおれる

むずか・る〔むづかる〕【憤る】

[動ラ五(四)]《「むずかしい(むつかしい)」と同語源。「むつかる」とも》
子供の機嫌が悪く、泣いたりすねたりする。「赤ん坊が―・る」
機嫌が悪くなる。ぶつぶつ小言をいう。
「心知れる人々は、あな憎、例の御癖ぞ、と見たてまつり―・るめり」〈・明石〉

むつか・る【憤る】

[動ラ五(四)]むずかる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いきどおる【憤る】

( 動五[四] )
腹を立てる。怒る。憤慨する。 「世の不正を-・る」
不満をいだく。 「 - ・る心の内を思ひ延べ/万葉集 4154」 〔漢文訓読系の語で「怒おこる」よりも文章語的〕
[可能] いきどおれる

むずかる【憤る】

( 動五[四] )
〔近世末頃まで「むつかる」〕
幼児などが機嫌が悪く泣いたりすねたりする。 「赤ん坊が-・る」
不機嫌になる。不平を言う。 「萩原様に逢ひたいと私をお責め遊ばし、お-・つて/怪談牡丹灯籠 円朝」 「御車共せかれて…雑色ども-・る/落窪 2

むつかる【憤る】

( 動五[四] )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

憤るの関連キーワードウワディスワフ4世ワーザシングルマザーズ下和田村治左衛門イエス・キリスト嘆ずる・歎ずるランカスター朝怪談牡丹灯籠藤原資房送り仮名慷慨家心の内黄景仁あな憎赤ん坊行政離心嘆き嘆く慙憤瞋恚

憤るの関連情報